2005年04月24日

ある先生の話(1)

 20年間、試験問題を変えなかった先生の話を先日書いた。今日、書く先生もそれと似たような先生。
 その先生の授業は学部2年生のときに受けた。授業の話はやはり20年間くらい変わっていないという話だった。初回の授業に出たら、やる気がなさそうで、何を言っているのかわからなかったので、そうそうに見切って、その授業には2度と出なかった。ちなみに、昔は「学生が授業に出るというのはどういうことだ、けしからん」という風潮が一部にあった。よく言えば、勉強は自分でするものだ、ということでもあるが、「とりあえず大学に行って授業に出ておこう」というような学生は今よりもはるかに少なかった。
 その先生の試験も楽勝で、10題ほどの問題から毎回3題ほどがランダムに出されているとのこと。とりあえず何世代もコピーされ、かろうじて文字が判読できる状態の模範解答のコピーを入手し、全部暗記し、試験に臨んだ。結果は優であった。
 この先生との関係はここで切れるはずであったが、大学院に進学することになったときに、関係が復活することになる。
posted by Prof.T at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出かける前に

 昨晩は10時過ぎに目が開かなくなる。普段の寝不足と花粉症の影響。片づけなければならない仕事はたくさんあるが、さっさと寝て早起きすることに。
 ということで、6時に起床。10時過ぎには出かけて夕方まで帰ってこないので、それまでにいくつか仕事をこなしておく。まずは寝ている間に届いた同僚からのメールの返事から。
posted by Prof.T at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。