2005年05月03日

とりあえず

 7ページ目に突入した。ということで、今日はおしまいにする。
 
 あまり進んだとはいえないが、朝から夜まで論文だけに集中できるのはいい。

 私の大学は先週の土曜日と昨日の月曜日が休みで、カレンダー通りに勤務しているサラリーマンの方々は、うらやましいとか、けしからんとか、思っていらっしゃるかもしれない。しかし、研究者にとって連続した休みがあることはひじょうに重要なのである。
 本を読んで考える、資料を集めて考える、データを眺めて考える。ノートにまとめて考える。論文を書いて考える。それを読み返してまた考える。こういったことが連続して行えないと、いい研究はできない。
 本を読んで考えている途中で会議が入る。資料を集めて考えている途中で学生が質問に来る。データを眺めて考えている途中で他の先生が相談に来る。
 それぞれの用事は重要であったとしても、論文作成にとっては思考を中断するという意味において(会話の中からヒントを得ることがないわけではない)障害である。
 というわけで、明日も朝からたっぷり考えたいと思う。もっとも論文の締切が迫っている状態では、考えるというよりは、もだえ、苦しむ、といった感じなのだが。
posted by Prof.T at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑の先生

 緑が美しい季節になった。

 学部学生時代、自然科学を教えていて、緑を大変好きな先生がいた。毎日、必ず何か少なくとも一つは緑色のものを身につけている。ジャケットが緑だったり、ネクタイが緑だったり、ハンカチが緑だったり・・・住んでいる町にも「緑」が入っていた!
 
 緑が好きな先生の定期試験では、何人かの学生が必ず緑色のボールペンで答案を書いていた。評価が甘くなるとか、単位がくるとか、いろいろ噂があった。真相は知らない。
posted by Prof.T at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休憩

 6ページ目に入ったところで休憩。
 
 古田選手のブログを読んだ。
 申し訳ないが、大笑い。あの痛みは昔経験したことがある。テニスボールやソフトボールであの痛みだから硬式のボールだととんでもない痛みだろう。

 お大事にして欲しい。が、続きも早く読みたい!
 
 笑って、気分転換。
posted by Prof.T at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一休み

 12:00になったので一休み。
 あれも書かねば、これも書かねばと思いながら、複数の論点について少しずつ書いている。すっきりしない書き方だが、仕方ない。
 とりあえず5枚(ページ)目に突入。
posted by Prof.T at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さて、論文だ!

 昨晩、後輩と別れて帰宅したあと、報道ステーションを見ながらしばし休憩。

 そのまま気絶・・・

 気がついたら朝だった。

 今日、明日、明後日の3日で論文を書く!
 A4版(40字×40行)で10枚を目途。現在、4枚目。1日2枚ずつ書いていく計算。
 本当は連休前にできあがっていて、しばらく放っておいたあと、今頃読み返して加筆、修正するべきである。指導教授からそのように指導された。全く正しい指導である。が、時間がとれない。大学院時代、助手時代は、その指導を守れたのだが。

 とにもかくにも書くこと。休憩時に途中経過を報告することを課すことにする。
posted by Prof.T at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は・・・

 昨晩、家に帰って夕食をとったあと、のんびり過ごす。そろそろ論文に取りかかろうと思っていたら、大学院時代の後輩から電話。

 待ち合わせの約束を忘れていた・・・

 電話がかかってきたのは19:30。約束は19:00。あちゃー、30分も待たせたか、と思ったら、相手も遅れているとのこと。何だ、謝って損をした的な気分を少し持ちながら、改めて20:00に約束。
 お互い間抜けでよかったなどと思って、待ち合わせ場所に着く。20:00ちょうど。
 後輩はいない。当方より先に来ているはずなのに・・・とりあえず携帯に電話した。

 「いま、電車に乗ろうとしたんですけど、電話がかかってきたので、降りちゃいました。次の電車で行きます」
 と、そば屋の出前的古典的言い訳。

 約束を忘れていたにもかかわらず、結局10分待たされた。
posted by Prof.T at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。