2005年05月31日

先ほど帰宅・・・

 非常勤の授業が終わって、大学に戻る。
 広報を交えて打ち合わせ。1時間弱で終わり、その後同僚の研究室で雑談。流れで、お好み焼きでも食べに行こうという話になったが、お互い明日1限から授業があると言うことで、「長くても8時まで」、「最大8時まで」と言うことだったのが、気がつけば10時を過ぎていた。

 口角泡を飛ばして、同僚2人とともに教育問題、日本の行く末を論じたが、それよりも明日の授業が大事なので、慌てて店を出る。

 11時過ぎに帰宅し、メールをチェックし、就寝することにする。この記事の誤字、脱字は明朝訂正することにして、まずは寝ることにする。
posted by Prof.T at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨はまだ降っているけれど

 授業前に髪を切りたいので、出かけることにする。昔から頭をいじられるのが嫌いで、とくにバリカンが嫌いだった。だから刈り上げにはしない。
 最近はパーマだけでなく、茶色に染めたりしている教員(白髪を染めている教員は昔からいた)もいるけれど、私の場合は髪型には基本的に無頓着である。無駄にお金をかけたくないということもあるけれど、基本的には先述したように頭をいじられるのが嫌いだから。もう一つ、じっと座っているのが苦手というのもある。
 さて出かけよう。
posted by Prof.T at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の予定

 午後、1コマ、非常勤の授業。
 そのあと、大学へ戻り、事務と打ち合わせ。今回は広報も交える。広報のスタッフがどういう人たちなのか知らないのが、他の事務職員からの話を聞く限り、打ち合わせはスムーズに行かないような感じだ。早々に切り上げたいのだが。
 まだ雨が降っている。出かけるまでに雨が止むことを期待したい。
posted by Prof.T at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究の楽しみと喜び

 久しぶりに本来の専門の研究論文を読んでいる。
 私の専門は大きく、理論史的な部分と現実・現代分析の部分の2つに分かれている。学会報告や教科書執筆などは、もっぱら後者の部分に関わることが多い。共同研究も後者の観点から声がかかることが多いのだが、前者の場合もある。科研費の共同研究は前者の方だ。
 個人的には前者の方が重要だと思っているのだが、一部の研究者を除いて重要性を理解してくれない。

 今日読んでいたのは、前者に関連する外国語の論文だ。もっとも日本語の論文はほとんどなく、あっても意味のないものが多いので、必然的に外国語の文献を読むことになる。日本語の文献が少ないのも、この研究の重要性が理解されない1つの理由である。

 理論史的な研究論文を読むのは久しぶりで、最初はちょっととまどったが数ページ読んでいると、霧が晴れるようにいろいろなことが見えてきておもしろい。なるほど、そうか、と研究のアイデアがいろいろと浮かんでくる。

 さまざまな論文を読みながら、自分の論文の構想を練る、自分で知の世界を組み立てる、再構成する、そういった楽しみ、喜びを味わえるのが、研究者のいいところである。
posted by Prof.T at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。