2005年06月30日

今日の授業評価

 2限の授業の終わりに授業評価のアンケートを行った。教卓に順不同で裏返しに提出させる。全員が出し終わったところで、整理しつつ、意見欄に目を通す。途中で手が止まったアンケートは、改善要望に

 先生

とだけ書いてあった。評価はすべて1(最低)につけてある。やれやれ・・・

 2年ゼミの途中で、授業評価の話になって、上記の話になった。
 「高校生じゃないんだから」というのが彼らの感想だ。

 私がやれやれと思ったのには、もう一つ理由がある。「先生」というのは敬称であるから、改善要望欄に先生と書くのは間違っている。「教員」と書かなければならない。来週は授業がないので、この話は後期になってからかな。
posted by Prof.T at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調悪化・・・

 1限目、1人ずつ呼んでレポートの問題点を指摘しながら返却。都合、4回ほど書いたレポートだが、まとめて返却することで、学生も少しずつ進歩していることを実感したようだ。レポートを学生本人にコメントしながら返却することは大事なことだと思う。

 2限は講義。試験範囲まで終えて、問題を教え、試験勉強の仕方についても言及。最後に授業評価のアンケート。
 終了後、前々から「試験が不安です」と言ってきていた学生2人と昼食を取りながら相談に乗る。サッカー選手やプロ野球選手だって練習するのだから、君たちも試験のための練習(勉強)が必要なのだなどと説く。勉強しないで頭が悪いと思っている学生が多いのだが、頭が悪いかどうかは知らないが、勉強していない学生は多い。松井秀喜であろうと中田英寿であろうと、もともとセンスがあったとしても、必死になって練習したから今の彼らがあるはずだ。君らは何にもしないで勉強ができると思っている・・・あり得ない!
 500円ではあるが、ランチをごちそうしたのだから、頑張ってほしい。君たちへの説教は500円の価値(6月10日の記事を参照されたい)があると思っているのだから。

 午後、2年ゼミ。彼らも進歩の跡が見える。レジュメの作り方、報告の仕方が格段にうまくなった。学生はコンピュータ・リテラシーも向上した。

 昼食を取ったせいか、腹痛が激しくなる。明日は珍しく会議が入っておらず、フリーなのが幸い。
posted by Prof.T at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

授業改善と学力低下

 学生による授業評価をあまり評価しないのは、授業評価による授業改善が学生の学力向上につながっていないからでもある。
 授業評価をやって、授業改善を図っている。難しい授業を学生の要望を入れてわかりやすい授業にする、評価は少しずつ上がる。それなのに、学生の学力は年々低下している。
 昨年、教員にたいする研修会に参加したが、そこで授業評価についての報告があった。報告者は、授業評価を早くから行っていることで知られる学部の教員で、その学部では年々学生による評価があがっている、と嬉々として報告していた。しかし、学生の学力が向上したという話はなかった。
 授業評価の報告のあとにあったのが、導入教育についての報告であった。つまり、近年の学生の学力低下に見合った、高校から大学への移行をスムーズに行えるような教育(オリエンテーション、1年ゼミなど)が必要だという話である。

 授業評価による授業改善は重要だが、何のための授業改善なのか、今一度考える必要があるように思える。学力低下の阻止、向上を図ることの方がより重要だと考える。
posted by Prof.T at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相変わらず調子が悪い・・・

 ちょっと休憩をと思って横になったら・・・こんな時間になっていた。もっとも相変わらず調子が悪いので仕方がない。

 夜、学生に返却するレポートを一気に読む。受講学生は5名ほどで、5月以降、4回ほど提出させたもの。本来ならば、その都度目を通して返却すべきなのだろうが、数回分をまとめて返却すると、成長の跡が窺えて、おもしろい。といっても、最初の頃のレポートが稚拙すぎるのだが。

 雨が激しく降っている。
posted by Prof.T at 06:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「汗をかくな」

 私は授業評価をあまり評価しないのだが、それはまじめに評価を行わない学生がいるからだ。そもそも多くの大学では、まじめに答えている学生とそうでない学生とが区別されるように工夫してアンケートをつくっていない。
 授業評価に書かれた、心ない意見が教員を傷つけることもある。私が一番がっかりしたのは、「あせをかくな」というコメントだった。その授業評価をやった日は、10月だったが暑い日だった。しかし、汗を書いたのは、板書を一生懸命した結果(当時、私は黒板に書きまくっていた)である。
 どうせなら、あせをかかない方法を教えてほしかった!建設的な意見を書いてくれ!

 授業評価を行う日に学生を注意するのも注意である。
 一昨年、授業中にジュースを飲んでいる学生を注意した。私の授業は原則として授業中に飲食禁止である。このことは開講時に注意してある。注意された学生が書いたかどうかはわからないが、「暑いんだから、ジュースぐらい飲ませろ」と書いたものがあった。評価はすべて1(最低)だった。
 授業評価を行う授業では、私語をしている学生を注意するのは躊躇されるが、そうすると一体どこが授業改善のための授業評価なのか。
 そもそも「授業中に私語がないか?」という質問項目があるのも妙だ。授業中に私語をしないのは当たり前だと思うが、実際には私語が多い授業もある。私語をする学生にまともな授業評価ができるのだろうか?
posted by Prof.T at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

授業評価について

 多くの大学と同様に、わが大学も学生による授業評価のアンケートを行っている。半期に1回、おおよそ学期末に行う授業評価にどれだけの意味があるのか。
 
 私は小心者なので評価が気になる。アンケートに書かれた要望に応えるべく努力をしている。ただし、毎年「早口」、「聞き取りにくい」という意見が書いてあるので、努力は実を結んでいない。ゆっくりと話せないんです、すみません。
 授業内容については、昔は「難しすぎる」と書かれることが多かったが、最近は「わかりやすい」という意見が目立つようになった。ただ、「わかりやすい」授業がいい授業なのか、疑問は持っている。少しは頭をひねらせるような授業の方がいいような気がする。

 授業が終わるごとにアンケートをとっている大学もあるようで、その方が授業改善にはいいのだろう。学期末に1回だけだと試験情報を求めに久しぶりに来る学生も評価を行うことになる。こういう学生の評価はたいてい低いように思われる。

 大学によっては学生に回収させるところもあるようだ。うちの大学は教員が回収する(なので、回収直後にざっと目を通すことができる)。前者はいたずらが、後者は不正が行われる余地がある。WEBでアンケートをとる大学もあるようだが、どれだけの学生がPCに向かうのだろう。

 いずれにしても、学生による授業評価は、授業にたいする1つの評価であって、絶対的な評価ではない。したがって、学生による授業評価で教員を査定しようとする動きには反対する。
posted by Prof.T at 21:24| Comment(4) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「すごい先生」

 試験問題を教えて、試験勉強の仕方まで教えて、しっかり勉強するように檄を飛ばして、そのあと授業評価のアンケートを行ったら、自由記入欄に「すごい先生だ」と書いてあるものがあった。

 私は怪物か?

 「試験勉強の仕方まで教えてくれるとは」とその前に書いてあって、「参考になりました」と続くので、評価してくれているのだろう。

 しかし、だ。それなら、総合評価で5をつけてくれ!君は4しかつけてなかったぞ(、確か)!!
posted by Prof.T at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲れた・・・

 午前2コマ、試験範囲まで終わらせて、試験問題を教える。「しっかり勉強しておけ」では、勉強しないことは明らかなので、試験勉強の仕方も教え、檄を飛ばす。
 今日は授業評価のアンケートも実施。これについてはいろいろ考えるところがある。また別の機会に考えを書きたい。
 ゼミも最後。3年ゼミは回を重ねるごとに発表の仕方がよくなる。7月末にゼミコンパ、9月中旬にゼミ合宿を行うことを決定。4年ゼミで、それを伝える。まだ1人しか内定をもらっていない4年生だが、ゼミ合宿に参加するときには、全員内定をもらっていてほしい。
posted by Prof.T at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調子は悪いまま・・・

 授業準備が終わったところで、ちょっと横になってみたものの、相変わらず調子は悪い。

 そういえば、学部学生時代、風邪で見るからにふらふらなアメリカ人の英語の先生が、休講にしないで授業をしていたことを思い出した。日本人なら確実に休講にしているような具合のようで、「アメリカ人はすごい」と思ったものだが、きちんとした授業ができないのなら、休講にした方がいいのかな、とも思う。

 調子が悪いといっても、今日は休講にするほどの具合ではない。さて、出かけよう。
posted by Prof.T at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調子が悪い・・・

 今回はSeesaaではなく、体調・・・。1時間寝坊した上に、起きたら腹痛。

 今週から来週にかけて、授業は最終週を迎える。講義内容に一応のまとまりをつけ、試験情報を学生に与える。すでに一部授業については、情報をファイルにまとめてメールに添付して学生に送付してあるのだが、それをさらに解説する。単に試験問題を教えるだけでは、きちんと勉強してこない、よい答案が書けないので、どのように勉強すればよいか、どのような答案がよい答案と評価されのか、若干の具体例を出して、解説する予定。

 午後のゼミも最終回。4年ゼミは教育実習の話で盛り上がりそう。
posted by Prof.T at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

帰宅

 研究会が終わって帰宅。
 研究会は1時間ちょっとで終了。各自持ち寄った資料を基に、具体的なテーマを絞る作業に取りかかる。これまで手がつけられていないテーマ、ただし意味があるテーマ、加えて研究会メンバーが手をつけられるテーマ、そして研究助成が受けられるテーマ、おおよそ以上の制約がある。この制約の中で、とりあえずこれで行こうというテーマが絞れたが、具体的にどのような研究が可能か、論文が書けるかを調べなければならない。この作業を次回までに分担して、いろいろ調査してくることになった。次回の予定を決めて終了。
 その後、ビストロへ行って、食事。2人はアルコールを飲まないが、当方は帰宅後速やかに気絶するために白、赤のグラスワインを頼む。料理もワインも値段を考えればまずまずおいしかった。
 さて、明日の朝、やらなければいけないことを確認しよう。
posted by Prof.T at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キータッチ

 ちょっと休憩をして、催促されている原稿を書き始めた。調子が出てきたのだが、今使っているPCのキータッチが合わなくて疲れる。キータッチが固すぎる、深すぎる。キータッチのことを考えず、安価なものを買った自分が悪いのだが、浅いキータッチ、ソフトなキータッチのキーボードが最近は好みで、その方が筆が進む(キーが進む?)。

 大学の研究室には、デスクトップパソコンがあるのだが、これも付属のキーボードが嫌い(固い、深い)で、せいぜいメールを書く程度、長い原稿を書くことはない。

 さて、研究会に出かけよう。
posted by Prof.T at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑い・・・

 暑い・・・

 教室に冷房が入っているので救われるが、冷房がなかったらさぼりたくなるような暑さだ。
 昔はよくこの暑さを我慢して授業をしていたものである。昔の人(われわれ)は偉かった。

 えっ、授業、さぼっていたんだろうって?

 まあ、さぼる授業もあったが、教員の方は授業をしていたし、学生も試験はさすがに受けていた。
 冷房のない部屋で、下敷きを団扇代わりに使って、生暖かい微風をないよりましだと起こしながら、結局そんなものは役立たず、答案用紙が腕に張り付いて、それをはがしながら、水分を含んでふやけた答案用紙に、インクをにじませながら(答案はペン書きだった)必死に解答を書いた(遠い目)。
 
 学習環境は飛躍的に向上したが、学生の学力はそれに見合って伸びているのだろうか?
posted by Prof.T at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出かけることに・・・

 授業の準備は終わった。夕方の研究会の文献リストはとりあえずつくった(怒られずに済む)。
 その他、学生へのメール連絡など、いくつかの作業を行っていたら、こんな時間。週末、学会出張に出ていると、仕事がたまって大変だ。みなさん、どのように処理をしているのだろうか。秘書がいると事務作業のかなりは頼めるのだが、そういったものをすべて1人でこなさなければいけない。というわけで、出がけに郵便局へ寄って、学会費を払い込んでいこう。
posted by Prof.T at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敬称の問題

 学生が教員にたいして、レポートを出す、メールを送る、手紙を書くといった場合、敬称は「先生」である。
 ときどき職位(身分)を書いてくる学生がいる。氏名のあとに、講師、助教授、教授などとつけるわけである。これらは、企業における社長、専務、部長などと同じ肩書きであり、敬称ではないので避ける。こういった肩書きは、職に就いている間だけ使用できるのであり、職を退いてからは使えない。
 教授として永年勤めても、大学を退職したら元教授である。まさか○○元教授と手紙に書くまい。大学で教えなくなっても、学生と教員との関係、師弟関係は一生続く。相手が講師であろうが、助教授であろうが、教授であろうが、元教授であろうが、師弟関係がある限り、教えを受けたものにとって先生であることは変わらない。
 テレビドラマやCMで理系の研究室の風景が描かれて、そこでは学生が「教授」と呼んでいる場面を見ることが多いのだが、理系ではそう呼ぶ習慣があるのだろうか?いや、それは間違いなのだが。
 ある大学で教授として教えていた人が他大学に移籍した後も、前の大学で授業を持つことがある。この場合、教授ではなく、非常勤講師となっているわけだが、○○教授と呼んでいた学生たちは、同じ人を今度は○○講師と呼ぶことになるのか?あり得ない。要するに、教員にたいする敬称は、先生でよいのだ。

 逆に、教えを受けたものが教えたものにたいして、敬称を一般的な「様」としていると、「彼(彼女)は私から何も教えを受けなかった」と解釈されるので、気をつけたい。 
posted by Prof.T at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調子が悪い・・・

 朝から調子が悪い、といっても体調ではなく、Seesaa。夜遅いと重いことはよくあるのだが、今日は朝から重い。途中でフリーズするので、2重投稿になったり、ストレスたまります。
せめてブログくらいストレスレスで書かせてください。
posted by Prof.T at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

答案を返却したいのだが・・・

 私の場合、前期試験の場合は、試験問題をいくつか教えて、そこから出題することが多いことは、以前書いた。試験を講義の復習の機会ととらえ、問題をあらかじめ教えることによって学生にしっかり勉強して欲しいという希望があるからだ。その希望はしばしば裏切られるが、たまに希望通りに勉強してくれる学生がいるからうれしい。
 とはいえ、勉強はしているのだが、正しい理解をしないで試験を受ける学生、勘違いした答案を書いている学生が多く、試験のあとに答案を返却して、解説を加えたいと、最近は思う。これが存外難しい。というのは、学期末に定期試験期間が設定され、私の講義科目の試験も自然とここに設定されることになるからだ。
 もちろん平常授業の最後から2週目に試験を行い、最終週に返却、解説を行うことは考えられる。それでも具体化にはいくつかの問題がある。例えば教室の問題、普段の教室で試験ができるか、不正行為防止のために1人おきに座ることができるか、という問題がある。平常授業中はどの大学も教室は足りないから、受講学生が多く、試験の際に複数教室を確保する必要がある場合には、やはり定期試験期間内に試験を行わなければならない。
 教室に問題がなくても、いくつか難題がある。例えば、試験を受けることができなかった学生にたいする措置である。定期試験であれば、規則で再試験(追試験)の措置が決められているが、平常授業で試験を行う場合は教員の裁量による。どこまで認めるか(寝坊したとか、そもそも知らなかったという学生が出てくる恐れがある)、悩むだろう。
 答案を返却することによって、不正が起こる可能性もある。

 というような課題をクリアできないので、とりあえず試験を行ったままということになる。後期に入って返却したりするのだが、やはりすぐに返却しないと復習という点では効果は少ない。
posted by Prof.T at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「『楽勝科目』をなくせ」と言うけれど・・・

 「楽勝科目」をなくせ、大学側授業向上目指すという記事を読んだ。
 こういう傾向は時代の趨勢だろう。うちの大学も早く手を打たないといけない、そう思うのだが、それでも「楽勝科目」をすべてなくすことがいいのか、どうか、よくわからない。
 
 例えば、講義科目には専門科目と教養科目(教育科目などとも呼ばれる)とがある。専門科目は確かに楽勝科目をなくすべきだと思う。相対評価を導入し、成績の比率を厳密にすべきだと思う。しかし、教養科目はどうだろうか。早稲田の政経の事例が記事に書かれていたが、政経の学生であっても、物理学や文学といった教養科目を選択的に履修しなければならない。これらについても、専門科目と同じ基準で成績をつけるのはどうなのだろう。むしろ、意図的に「楽勝科目」にして、楽しく学ばせてもいいのではないだろうか?(早稲田の政経が専門科目と教養科目とで基準を分けているのか、同じにしているのか、記事からわからないし、私も知らない。)

 それにしても早稲田の政経で、成績評価の割合や過去の試験問題をホームページで公開するとは驚きである。もともと学生にたいする教育を放棄していたような学部であったし、このような合意にとうてい到達できないような教員間の対立があったはずだからだ。
続きを読む
posted by Prof.T at 20:38| Comment(4) | TrackBack(1) | 新聞・テレビから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念・・・

 先ほど試験についての資料(問題、諸注意)をメールで送った。

 程なく学生からメールが来た。
 「ありがとうございました」とある。
 うちの学生にしては珍しい。
 こちらのメールアドレスを登録してあるらしく、キチンと名前だけでなく、先生と敬称までつけている。

 しかし、・・・・

 名前を打ち間違えている。音は同じでも字は違う。

 残念・・・
posted by Prof.T at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助手試験(2)

 英語を後回しにしてフランス語に取りかかる。

 簡単!
 拍子抜けするほど、簡単!
 こんな問題でいいのかというぐらい、簡単!

 2問ともすらすら読める。
 1問は自分の研究テーマにきわめて近い内容のフランス語だった。私が普段勉強しているようなことをフランス語で書いてある。専門のタームもバッチリだ。訳せないはずはない。
 もう1問。これも問題なし。こちらはなんと中止された勉強会で読んでいたテキストの内容にきわめて近い。こちらも問題なし。

 フランス語が簡単で、さっさと片づけることに成功して、手こずった英語に余裕を持って取り組むことができた。とりあえず何とか訳し終える。
続きを読む
posted by Prof.T at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。