2005年06月15日

疲れた・・・

 4コマ終えて、帰宅。
 今日は2限の授業が今ひとつ。昨日の準備にちょっと勘違いがあったため。問題はなかったのだが、落ち着いて授業を行えなかった。反省。

 5限の4年ゼミ。例によって就職活動中の学生がほとんどで半分が欠席。内定をもらっている学生にゼミ論の途中経過を発表をしてもらう。
 どこのゼミでも同じような状況で、中には就職活動を理由にずる休みをする学生もいるから、同僚の一人は、「面接なら欠席を認める、単なる説明会では欠席は認めない」と4年生を呼び出して、夜8時頃までゼミをやったらしい。
 私はそこまでは言う気はないが、そういうゼミもあるいうことを学生に話した。

 休憩して、原稿その他、仕事に取りかからなければいけない。
posted by Prof.T at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝坊して・・・

 5時半頃、起床。2時間寝坊・・・
 目を覚ますためにコーヒーを飲みながら、古田選手のブログを読む。記事にする。

 原稿を書かないと・・・字数を確認する。

 そうそう、古田選手をチェックしたら、眞鍋かをりだな、前回更新期間が長かったから、今回は短いだろう。
 当たり!更新されている。笑った。

 で、こんな時間。

 原稿は・・・

 字数は確認した。
posted by Prof.T at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュースとワイドショー

 先日来の二子山親方(元大関貴ノ花)の死去に伴って、ワイドショーだけでなく、ニュースでも関連報道(若貴の確執、元夫人、愛人等々)がかまびすしい、鬱陶しい。
 ワイドショーでの扱いだけでなく、ニュースでもワイドショー的な内容が報道されることに古田選手が疑問を投げかけている。
 
単に俺が最近のテレビの流れについていけてないだけなんでしょうが。。。

 いえいえ、テレビの流れが間違っているんです。

 古田選手は、ワイドショーと呼ばれる番組が多いことを日本のテレビの特徴だと指摘していて、アメリカ人が理解できないことに触れているが、私としてはもう一つ理解できないことがある。

 なぜどの番組もキャスターの横に、「ご意見番」的解説者を置いているのか?
 ニュースを伝えて、伝えた本人が個人的なコメントをして、さらに「ご意見番」に解説、意見を求める。ワイドショーだけでなく、ニュースの多くもこのスタイルを取っているが、これも日本的特徴だろう。

 八っつぁん、熊さんがご隠居にいろいろ聞いていた頃からの伝統なのだろうか?

 いずれにしても、このスタイルにはさまざまな問題があると考えるのだが、それはまた別の機会にでも。続きを読む
posted by Prof.T at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・テレビから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。