2005年06月17日

帰宅した・・・

 1時から始まった最初の会議、2時55分まで。
 3時から始まった次の会議、6時5分まで。

 疲れた・・・

 大学を出るときに、2つの会議に一緒に出ていた年配の同僚に、
 「いや〜、疲れますね。」と声をかけたら、
 「今日の会議はいいですよ。」と言われた。
 「はい?」

 彼が出た水曜日のある会議は、意見の対立が高じて、怒声が飛び交っていたという・・・

 7時に知り合いと会って、お茶を飲みながら、いろいろと話す。その後、食事をして、帰宅。ちゃんとアルコール抜き!

 さて、文献リストの作成だ!
posted by Prof.T at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便利なソフト

 ワープロ専用機を買ってから、20年近くになる。PCを使うようになってから、15年ぐらいになる。その間、かなりの量のファイルをつくってきた。初期のものはフロッピーに保存していたが、ハードディスク容量が飛躍的に増えてからは、一切をハードディスクに保存している。もちろん定期的にバックアップは取っている。今、ハードディスクをのぞいたら、あるフォルダにあった一番古いファイルは、1993年7月5日21時27分のテキストファイルだった。MS-DOSの時代だから、英字8字でファイル名がつけられている。別のフォルダを見たら、もう少し古いファイルがあるかもしれない。
 こういうファイルの山の中から目的のファイルを探すのは大変だ。それで最近便利に使っているのが、Googleのデスクトップ検索だ。概要はこちら
 実はさっきもあるファイルを探していたのだが、保存先のフォルダを間違えていたようで、見つからなかったのだが、デスクトップ検索ですぐに発見することができた。最初にインデックスをつくるのに時間がかかるが、一度インデックスをつくってしまえば、検索時間はあっという間である(今、適当に思いついた言葉で検索してみたら、約20件を1.20秒で検索し終えた)。便利に使っているソフトである。
posted by Prof.T at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の予定

 午前中は文献リストの作業を行うことにする。
 午後は会議が2つ。
 2つめの3時からの会議が長引きそう。6時には終わっていると思うのだが、そのあと知り合いに会うことになっているのだが、待ち合わせの時間は念のため7時にしておいた。文献リスト作りを夜もしなければならないだろうから、アルコール抜きで食事だけにしておこう。
posted by Prof.T at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

返信

 メールを送って10分ほどしたら、学部長から返事が来た。
 「了解しました」と書いてあった。
posted by Prof.T at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールを送った・・・

 推薦状をようやく書き上げ、学部長にメールで送った。

 この推薦状によれば、私は大要以下のような教員である。

教育、研究ともにすぐれた成果を上げている学部の将来を担う期待の教員である。斬新な改革のアイデアを次々に出している。年代に関係なく、教員各層から人望を集めている。責任感に溢れ、リーダーシップを発揮している。正当と考えることは権威を恐れず主張するが、他の主張にも耳を傾ける協調性を有し、非を認めるのにやぶさかでない柔軟性をもつ。


 学部長には、「うまく書けなかったので、修正をお願いします」と伝えた。
posted by Prof.T at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確認事項

 「この科目の担当者は誰でしょうか」という文章の下に、顔写真がいくつかあって選択させるという試験問題が、どこかの大学の学期末試験で出されたという話を聞いたことがある。本当にあった話か、どうか、真偽は定かではない。伝説の試験問題である。
 もっとも、学生の中には、1度も授業に出席したことがない学生がいるので、科目担当者の顔を知らないものがいても不思議ではない。

 不思議なのは、科目担当者の名前を知らない、覚えていない学生が、結構いることである。試験問題に教員名を書く欄があると、かなりの数の学生が未記入である。どこの誰だか知らない人の科目を取ったことになる。知らない人の話を一生懸命聞いて、ノートを取っていたのだろうか?
 自分の試験で試験監督をしているときに、教員名を書いていない学生を見つける。答案を指さして、記入するように促すと、困った顔をする。さすがに恥ずかしそうな顔をする。周りの学生に「誰?」なんて聞いたりする。
 「減点!」と言うと、
 「教えてください!」と来る。

 教えない。

 試験前に自分が履修している科目の担当者の氏名はせめて確認しておきたい。
 科目名を間違えて記入している学生もいる。これも失礼な話であるが、「私は一体何を話してきたのだろうか」と担当者をがっかりさせることにもなるので、注意したい。
posted by Prof.T at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。