2005年06月27日

答案を返却したいのだが・・・

 私の場合、前期試験の場合は、試験問題をいくつか教えて、そこから出題することが多いことは、以前書いた。試験を講義の復習の機会ととらえ、問題をあらかじめ教えることによって学生にしっかり勉強して欲しいという希望があるからだ。その希望はしばしば裏切られるが、たまに希望通りに勉強してくれる学生がいるからうれしい。
 とはいえ、勉強はしているのだが、正しい理解をしないで試験を受ける学生、勘違いした答案を書いている学生が多く、試験のあとに答案を返却して、解説を加えたいと、最近は思う。これが存外難しい。というのは、学期末に定期試験期間が設定され、私の講義科目の試験も自然とここに設定されることになるからだ。
 もちろん平常授業の最後から2週目に試験を行い、最終週に返却、解説を行うことは考えられる。それでも具体化にはいくつかの問題がある。例えば教室の問題、普段の教室で試験ができるか、不正行為防止のために1人おきに座ることができるか、という問題がある。平常授業中はどの大学も教室は足りないから、受講学生が多く、試験の際に複数教室を確保する必要がある場合には、やはり定期試験期間内に試験を行わなければならない。
 教室に問題がなくても、いくつか難題がある。例えば、試験を受けることができなかった学生にたいする措置である。定期試験であれば、規則で再試験(追試験)の措置が決められているが、平常授業で試験を行う場合は教員の裁量による。どこまで認めるか(寝坊したとか、そもそも知らなかったという学生が出てくる恐れがある)、悩むだろう。
 答案を返却することによって、不正が起こる可能性もある。

 というような課題をクリアできないので、とりあえず試験を行ったままということになる。後期に入って返却したりするのだが、やはりすぐに返却しないと復習という点では効果は少ない。
posted by Prof.T at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「『楽勝科目』をなくせ」と言うけれど・・・

 「楽勝科目」をなくせ、大学側授業向上目指すという記事を読んだ。
 こういう傾向は時代の趨勢だろう。うちの大学も早く手を打たないといけない、そう思うのだが、それでも「楽勝科目」をすべてなくすことがいいのか、どうか、よくわからない。
 
 例えば、講義科目には専門科目と教養科目(教育科目などとも呼ばれる)とがある。専門科目は確かに楽勝科目をなくすべきだと思う。相対評価を導入し、成績の比率を厳密にすべきだと思う。しかし、教養科目はどうだろうか。早稲田の政経の事例が記事に書かれていたが、政経の学生であっても、物理学や文学といった教養科目を選択的に履修しなければならない。これらについても、専門科目と同じ基準で成績をつけるのはどうなのだろう。むしろ、意図的に「楽勝科目」にして、楽しく学ばせてもいいのではないだろうか?(早稲田の政経が専門科目と教養科目とで基準を分けているのか、同じにしているのか、記事からわからないし、私も知らない。)

 それにしても早稲田の政経で、成績評価の割合や過去の試験問題をホームページで公開するとは驚きである。もともと学生にたいする教育を放棄していたような学部であったし、このような合意にとうてい到達できないような教員間の対立があったはずだからだ。
続きを読む
posted by Prof.T at 20:38| Comment(4) | TrackBack(1) | 新聞・テレビから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念・・・

 先ほど試験についての資料(問題、諸注意)をメールで送った。

 程なく学生からメールが来た。
 「ありがとうございました」とある。
 うちの学生にしては珍しい。
 こちらのメールアドレスを登録してあるらしく、キチンと名前だけでなく、先生と敬称までつけている。

 しかし、・・・・

 名前を打ち間違えている。音は同じでも字は違う。

 残念・・・
posted by Prof.T at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助手試験(2)

 英語を後回しにしてフランス語に取りかかる。

 簡単!
 拍子抜けするほど、簡単!
 こんな問題でいいのかというぐらい、簡単!

 2問ともすらすら読める。
 1問は自分の研究テーマにきわめて近い内容のフランス語だった。私が普段勉強しているようなことをフランス語で書いてある。専門のタームもバッチリだ。訳せないはずはない。
 もう1問。これも問題なし。こちらはなんと中止された勉強会で読んでいたテキストの内容にきわめて近い。こちらも問題なし。

 フランス語が簡単で、さっさと片づけることに成功して、手こずった英語に余裕を持って取り組むことができた。とりあえず何とか訳し終える。
続きを読む
posted by Prof.T at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助手試験

 フランス語の勉強会が破綻して2、3ヶ月経った頃だろうか、指導教授からある学部の助手試験を受けるように勧められた。
 試験科目は英語とドイツ語ないしフランス語。私はフランス語を選択。
 辞書持ち込み可の試験で、英語はリーダーズ英和辞典(研究社)を、フランス語はロワイヤル仏和辞典(旺文社)を持ち込んだ。どちらも普段から使っていたものだから、あちこちに書き込みがしてある。
 試験時間は2時間だったと思うが、2時間半だったかもしれない。この時間内で、英語、フランス語各2問、合計4問を和訳しなければいけない。どこかの専門書の一節をコピーして出題してあるのだが、英語は25-30行ぐらい、フランス語は20-25行ぐらいだった気がする。
 とりあえず慣れている英語から手をつける。2問あるうちの長い方の問題が・・・わからない。30行ぐらいの文章がどのような文脈で書かれているのか、それがわからない。辞書を持ち込んでいるから、単語の意味は確認できる、しかし、問題文の文脈での適訳を決定できない。

 あきらめた。

 とりあえず、無駄に時間が経過するのを恐れ、英語を後回しにして、フランス語に取りかかることにした。

 英語をさっさと片づけ、負担が大きいと思われたフランス語に時間をかけるという目論見は破れた。
posted by Prof.T at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だるい・・・

 先ほど起床。5時頃から断続的に目が覚める・・・そのせいか、だるい・・・

 今日は、まず学生に試験の連絡をメールでして、明日の研究会の準備、とりあえず、この2つを片づけてしまおう。

 忘れてることはない・・・?
 何か忘れてるような気がするのだけれども、大丈夫か?
posted by Prof.T at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。