2005年07月19日

試験監督のアルバイト

 今日の試験で補助監督員がついてくれたが、彼らは助手か院生なのだろう。

 私も院生時代、よく試験監督のアルバイトをした。20年ほど前で時給1500円ぐらいもらえたと思う。問題の配付、回収、不正行為の防止などの仕事内容を考えたら、超楽勝のアルバイトである。

 全体的な楽な仕事である試験監督のアルバイトも試験終了直後はちょっとだけ忙しい。答案は学生がそれぞれ教壇の指定場所に提出するので、教壇付近は混雑する。試験監督は答案の枚数を数え、出席者数と一致するか確認しなければならない。数人いる試験監督は提出された答案をどんどん数えていく。

 ある試験で友人が主任監督を務めていたときに、注意されたことがあった。彼曰く、試験終了後、他の試験監督は答案の枚数を一生懸命数えているのに、お前は教室の後ろの方に立っていてブラブラしている、さぼらずに他の試験監督を見習ってちゃんと仕事をするようにとのことだった。

 冗談じゃない!
 試験終了とともに全員がちゃんとペンを置くわけではない。そもそも教壇当たりは混んでいる。試験監督も答案整理に夢中だ。こういうときにこそ、不正行為が行われやすいのである。私はそれを監督していたのだ。それに、試験が終了しているにも関わらず、ペンを置かず答案を書き続けるのも不正行為である。私はそういう学生を注意していたのである。もちろん声をかけただけでは答案を書くのをやめない学生もいる。そういう場合は、机を揺さぶったのである(床に固定していない机だったので、簡単に揺れた)。

 以上のことをざっと説明したら、友人も理解してくれた。その後は、汚れ役を買って出ていると、評価されるようになった。
posted by Prof.T at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰宅したらメール

 6時半からの打ち合わせは30分ほどで終了。その後、学部長室をのぞいてみたら、学部長がいたので、いくつか用件を話す。10分ほどで辞去。
 その後1人で食事をして、帰宅。PCを起動してメールチェックしたら、学部長からメール。8月1日に会議がある・・・。さっき一言も言ってなかったぞ・・・。
posted by Prof.T at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試験終了

 試験が終わって休憩中。休憩といっても、今日は補助監督員が2名ついて、問題の配付、諸注意の伝達、開始の合図、回収、答案整理など、全部彼らがやってくれて、こちらはずっと突っ立っていただけである。ただ、60分突っ立っているというのも結構疲れるものだ。とくに教員はしゃべることが商売だから、黙って60分突っ立っているというのは疲れとともに、ストレスもたまるのである。文庫本でも持ち込んで読んでいるのも手だが、補助監督員の手前、それもちょっとね。もっとも文庫本は持っていなかった。ということで、適当に巡回しつつ、ずっと立っていた。

 ところで、昨年度まで、この学部は前期科目であっても成績提出は2月でよかったのだが、今年度から前期の試験は前期中に成績を提出することに変わったようだ。メールボックスをのぞいたら成績表が入っていて、8月中旬に締めきりが設定されていて驚いた。とりあえず気がついてよかった。

 肝心の試験だが、結構まじめに答案を書いているように見受けられた。持ち込み可だから、試験開始の合図とともに試験勉強を開始する学生が多いかと思ったが、ほとんどは答案を書き始めていた。あとはきちんとした内容が書けているか、どうかだ。
posted by Prof.T at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準備完了

 書類を見直して、1つは送信、残りは今日の打ち合わせ用なのでプリントアウト。というわけで準備完了。

 今日の試験は、以前から書いているように、楽勝科目のつもりでいるし、優をどんどん出す用意もできている。優秀な答案が多いことを祈りつつ、少々早いが出かけることにする。
posted by Prof.T at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「である調」

 5月19日にも書いたが、「ですます」調で書いてあるレポートをときどき見かける。レポートは「である調」で書く。また「である調」と「ですます調」を1つのレポートで混在させない。「である調」に統一する。

 「である調」は、「偉そうな感じがする」と言う人がいるかもしれないが、論文やレポートにおける作法なので構わない。それに、あるテーマについて、しっかり調べて一生懸命書いたのだから、ちょっとぐらい「偉そう」に、学者を気取ってしっかり論じてもらうくらいの方がよいように思う。

 「である調」は、「だ・である調」とする人もいるが、「・・・だ」という表現は、断定的な調子が強く、粗野な印象を与える。頻繁に使うと論文・レポートに品位に欠けることになるので使わない。
 また体言止めも鼻につくので多用しない。

 以上は、試験においても同様で、答案は「である調」に統一して書く。
posted by Prof.T at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レポートの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の予定

 昼過ぎから非常勤の授業の試験。夕方、木曜日の会議の打ち合わせ。
 
 まずは昨晩つくった書類を読み返して、送信してしまうことにしよう。
posted by Prof.T at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書類作成終了

 2つ書類を作成。もう1つは明日の打ち合わせのためのものだから、メモ書き程度のものでOK。ということで、作業終了。一応、明朝、読み直して、送信だ。
posted by Prof.T at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

何でもします

 10年ほど前になるだろうか、非常勤先の試験の採点をしていたら、「何でもしますので単位をください」と書いた答案が出てきた。まだ携帯が普及していない頃で、固定電話の番号が添えてあった。

 解答に関係のない内容なので0点をつけたが、この話を後期になって他の非常勤の教員に話をした。そうしたら、ある女性教員が「まさか変なことを考えたんじゃないんでしょうね」といやらしそうな目つきでこちらを見た。「変なこと」が何かよくわからないが、「何でも」というのだから、おそらくその「変なこと」も含まれると思うが、本人に確認を取らなかったので、真相はわからない。

続きを読む
posted by Prof.T at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動部の学生の答案(3)

 今日の午後は、採点に集中。採点したのは、水曜1限の授業の試験。

 出来が悪い答案があって、答案の最後に、運動部の練習で授業に出ることができませんという弁明が書いてあった。
 最後に、
又先生の授業を受ける機会がありましたら宜しくお願い到します。
とあった。
 不可をもらうことを予期しているのか、何なのか、よくわからないが、問題なく不可の答案であった。
 それはともかく「到し」は、痛い・・・。
posted by Prof.T at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クールビズ

 聞いた話では、クールビズのお達しで、官庁によってはネクタイ着用では省内に入れないところもあるという。ネクタイ着用をチェックする監視役を置いているところもあるというが、本当だろうか?省エネを実施しても、税金は無駄遣いではないか。

 学内のクールビズだが、教員の方は普段から各自適当だから関係ないのだが、相変わらず職員はネクタイ、上着着用ということのようだ。先日、汗をかいている職員に声をかけたら、「クールビズではないんです」という話しだった。お上に右にならえが多いうちの大学なのに、これはどうしてなのだろう。ネクタイをはずして、上着も取って、少しでも効率を上げた方がいいと思うのだが。上は働いていないから汗をかかないかもしれないが、下は、すべてではないが、一生懸命やっている職員が多いのだから。
posted by Prof.T at 13:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅雨明け

 お昼のニュースで「梅雨明けしたとみられる」という気象庁の発表を報じていた。

 いやー、確かに外はカンカン照りだ。外に出るのが億劫になってくる。
posted by Prof.T at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーグ戦の反省-運動部の学生の答案(2)-

 運動部の学生の答案には、「リーグ戦の反省」というものもあった。

 春のリーグ戦では、2部で5位というふがいない成績でした。自分も足を引っ張り残念でした。一生懸命練習して、秋のリーグ戦では頑張りたいと思います。そういった内容が、15行ほど書いてあった。

 要は練習で忙しく、授業に出席できなかったという言い訳なのだが、授業にでられなかったのなら、その分一生懸命勉強しなければいけない。いずれにせよ、解答に関係のない内容なので、0点。
 どうせなら2部で優勝して、1部に昇格したという報告が欲しかった。まあ、それでも0点であることに変わりはないのだが。
posted by Prof.T at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の予定・今週の予定

 明日までに書類を3つ作成。一昨日、昨日とさぼったが、さすがに今日はまじめにやらないといけない。

 授業が終わって時間があるかと思えば、今週は、試験監督(うちは教員が交代で務める)や会議、研究会など、何らかの用事が毎日2件ほどあって、結構忙しい。採点も水曜日までにおえて、成績を提出しなければいけない。

 さて、書類作りに取りかかるとするか。
 
posted by Prof.T at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

運動部の学生の答案(1)

 これまで10年ほどの教員経験を通じて、いろいろな答案を採点した。その中には「親殺し」(6月9日)もあるのだが、その他にもいろいろトホホな答案があった。いくつか紹介したい。

 今の大学に来て驚いたのは、運動部の学生の答案である。例外もあったが、いくつかの部の学生の答案の多くは、白紙であった。白紙なのだが、名前の横に運動部名が書いてある。わざわざ下線を施しているものもいる。
 運動部の学生だということで、多くの教員がこれまで単位を出してきたのだろう。先輩からとりあえず名前の横に運動部名を書いておけと言われたのだろう。

 もちろん私にとっては何の意味もない。運動部名を書くことの方が余分である。その後、解答に必要なこと以外は書かないように繰り返し注意して、最近は答案に運動部名を見ることはなくなった。

posted by Prof.T at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seesaa復旧

 seesaaが復旧したようで、トップページからサインインできるようになった。

 まあ、書類づくりをさぼって、書店巡りをして過ごしたので、とくに特記すべきこともない1日ではあったが、いつもつながっているところにつながらないというのは、精神上よろしくない。って、ネット依存症?
posted by Prof.T at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seesaa不調

 seesaaが不調だ。
 トップページを表示するも、画面は白いままで、トップページからサインインできず。サインインのページは、別にあるからそこからサインインできるのでは、と思って試みて、何とか記事投稿画面までたどり着いた。
 連休中、ずっと不調なのだろうか?
posted by Prof.T at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法定飲酒年齢

 アイドルグループの未成年メンバーの飲酒問題が新聞をにぎわせている。未成年者の飲酒は何も彼に限ったことではないが、補導されるとなると話は別、ということになってしまう。おまけに有名アナウンサーを含め、テレビ局の社員も一緒に飲んでいたとなると、彼らの責任が問われるのも仕方のないことであろう。
 しかし、この問題、学生とコンパを行う大学教員にとっては、他人事ではない。オリエンテーション(キャンプ、合宿)などでは、さすがに飲酒は禁止だろうが、クラスコンパ、サークルの新歓コンパでは、飲酒がつきものだ。こういった席に教員が同席していて、その場では何の問題がなくても、今回の事件のように酒席が終わったあとに補導されるようなことになれば、教員の責任が問われることになるだろう。
 もちろん、未成年者には飲酒が禁止されているのだから、とにかく法律を守るべきで、未成年者がいる限り、飲酒は控えるべきだという考えもあるだろう。しかし、どのみち法律の問題なのだから、どうせなら法律を改正して、法定飲酒年齢をたとえば18歳に引き下げてくれた方がいい。教員も安心して、クラスコンパ、新歓コンパに参加できるというものである。
posted by Prof.T at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・テレビから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

11と12

 数の話なら、英語も結構おもしろい。

 10進法なのに、11はeleven、12をtwelveだ。13から19までは、「3と10」とか「9と10」という表し方をするのに、11と12は9や10と同じわけだ。
 ところが、語源を調べると、これが10進法に従っているのだから、おもしろい。
 手元のプログレッシブ英和中辞典(第3版)によれば、elevenの語源の説明は以下のようになっている。
古英語endleofan「残った一つ」.10数えたあと,残った一つ目は11.手の指は10本しかないため10本以上は残りとなる.
同様に、twelveの語源も次のように説明されている。
古英語twelfe (twe2+-lfed残された)=10数えて残り2.


 elevenやtwelveに疑問を持たないのなら、フランス語にだけとくにこだわる必要もないだろう。
 それにしても、いろいろ調べてみると、おもしろい。
posted by Prof.T at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四つの20と11

 都知事のフランス語に関する発言が波紋を呼んでいる。昨日は、フランス語賠償訴訟、石原都知事が反論の記事のように、都知事の反論が報道された。

 asahi.comの記事にあるように、フランスのフランス語では「91」は「四つの20と11」とする。記事にはないが、「71」は「60と11」である。

 確認しておきたいのは、現代フランスでは10進法を採用しているから、91も71もフランス人に観念されているということである。したがって数え方がおかしいわけではない。読み方が日本人の感覚からすれば独特のように思えるだけである。

 都知事の発言は、いくつかのニュースでも報道されたが、関連してなされた「フランス語の数の数え方」の解説に若干の疑問を持った。

 あるニュース番組では、都知事は91がquatre-vingt-onze(カトル・ヴァン・オンズ)と読まれるから、最初は4かと思ってしまうと発言があり、それを受けてキャスターが「なるほどそうですね」といった発言をしていた。それなら、日本語だって同じだろう。91は、きゅう・じゅう・いちと読まれるのだから、最初はただの9と勘違いする理屈になる。そうだろうか?

 灰皿と聞いて、この人は、「灰」と「皿」を連想するのだろうか?靴下と聞いて、「靴」の「下」を思い浮かべるのだろうか?慣れてくれば、カトル・ヴァン・オンズで91で、問題はないはずだ。

 71を「60と11」としたり、91を「四つの20と11」とするのは、かつてフランスが60進法や20進法を採用していたことと関係しているらしいが、そういうことを学び、異文化理解を促進していくことの方が重要と考える。
posted by Prof.T at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・テレビから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学教員と自尊心

 教員の指示をきちんと守ってレポートを出すという記事を書いた。これは大学教員という人種が一般にプライド高いこととも関係する。
 鷲田小彌太は、次のように書く。
私の目から見ると、学者という種族は、自尊心の塊である。・・・・・・たんなる自尊心の塊ではない。自分に甘く他人に厳しい。
 鷲田小彌太『学者の値打ち』ちくま新書、2004年、10-11ページ

 若干の弁護をすれば、自尊心の塊になるのは、大学教員という職業柄、仕方のないことでもある。
 文科系の教員の場合、研究作業は1人で行うことが基本である。資料を1人で集め、それを読み、論文にしていく。研究には独自性が求められる。他人がやっていないこと、違うことを研究していかなければならない。孤独な作業である。他人がやっていないこと、違うことであっても、そこには意味がなければいけない。また同じようなテーマ、流行のテーマを選択した場合には、自分がすぐれていることを示さなければいけない。要するに、プライドがなければ研究はやっていけないのである。

 多くの場合、研究者になるという目標がまずあって教員になる。自尊心がなければ研究はできないし、研究成果を上げたがゆえに自尊心が生まれる、高まることになる以上、大学教員が自尊心の塊となるのも致し方ないとも言えるのである。

 「自分に甘く他人に厳しい」というのは、研究上の自尊心とは関係のない話だとは思うが、現実にはよくあることで、例えば学生には締切厳守でレポートを提出させるのに、自分の原稿は締切を過ぎてからようやく書き始める教員は珍しくない。

 批判の余地はあるだろうが、以上のような教員という人種の特性を、学生は認識しておいた方がいいように思う。
posted by Prof.T at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。