2005年07月14日

微妙な話と微妙な関係

 アメリカの大学で日本語を教えていらっしゃるヒロシさんが、「やばい」の使い方に関する調査を詳しく解説されています。わざわざ私の記事まで紹介していただき、恐縮です。。

 さて、文中、ヒロシさん、次のように書いていらっしゃる。
ただ、日本に住んでいないので、電車の中など街でで耳にしたり、テレビで若者が言っているのを聞いたりといったリアルタイムでの日本語の変化を肌で感じることができないのがほんの少し悔しいような気がします。

 外国で日本語を学ぶ人たちもヒロシさんのような思いを抱いているようです。
 3年ほど前、学生と一緒にモンゴル人の女性と話す機会がありました。彼女は本当に日本語が上手でした。日本語の勉強は基本的にはモンゴルでしたそうです。何回か日本に仕事で来たことはあるとのことでしたが、学生たちのような若い世代と自由に話す機会はなく、彼らとの会話を楽しんでいました。その時、彼女が気に入ったのが、彼らが頻繁に口にしていた「微妙」という言葉です。学生が使っていたわけですから、「ビミョー」とか「ビミョ〜」と書いた方がぴったり来るんでしょうが、何となく曖昧にして答えて、責任を回避する、また相手との一定距離を保つときに使われる(と思われる)、この「ビミョ〜」を、彼女も学生たちと別れるときには使いこなしていました。

 私もよく使ってしまう、この「ビミョ〜」ですが、断言しない、曖昧にする、そういうことで相手との、まさに微妙な関係を維持しようとする意識がそこに見られると思うのですが、このような使用方法は、一体いつ頃から広まっていったのでしょうか?ここ数年のことだと思うのですが、私が知らなかっただけ?
 「ビミョ〜」の広まりと人間関係、社会のあり方とが、それこそ微妙に関係しているように思うのですが、どうでしょう?とくに傷つけたくない、傷つきたくない、最近の若者のメンタリティと関係があるような気がするのですが?
posted by Prof.T at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず半分・・・

 1年生の答案すべてと2年生の答案を3分の1ほど採点、全体の半分弱か。

 思ったより出来がいい。今のところ、昨日のように異次元の世界に迷い込んではいない。昨日はほとんどなかった「優」の答案がそこそこある。

 6月30日にランチをごちそうした女子学生の答案もあった。きちんと勉強をしていた。先ほど書いた暗記用の赤いシートを使っていたのが彼女だったが、答案の出来もいい。というか、今のところ、1番の出来だ。500円の価値はあった!
 「やればできる」を現在完了形にできた(5月20日)のだから、この調子で、他の試験も頑張って欲しい。
posted by Prof.T at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャレンジ精神

 昨日、ゼミ生がゼミ合宿のことで相談にやってきた。何となく落ち込んでいる。聞いてみると、一昨日の試験を寝坊して受けなかったという。徹夜して勉強したのが仇になったらしい。うちのゼミ生にしては優秀な学生で、頑張って勉強したのだろうが、いくら頑張っても試験を受けないことには話にならない。「来年、また取ります」という話だった。

 今日の試験、毎回出席している男子学生の姿が見えない。試験終了後、彼といつも一緒に並んでいる学生に欠席の事情を聞いてみた。「自信がないので試験は受けない」という話だそうだ。何やら1年の時は全科目優だったらしい。私の科目も一生懸命勉強したのだが、どうも優を取る自信がないようで、また来年受講するとのこと。

 彼ら2人は優秀な学生なのだが、他方で不可をもらって毎年チャレンジしてくる学生もいる。毎年「あれ、この名前は去年も見たぞ」という答案がある。そんなに難しい科目ではないのだから、1回で合格して欲しい。

 試験を欠席して、来年チャレンジ、不可をもらって、またチャレンジ。「落とされても這い上がる精神」と言えば聞こえはいいが、何だか無駄なチャレンジ精神だ。人生には他にやらねばならないことがたくさんあるし、無理だと思っても死にものぐるいで頑張らなければならないときがある。チャレンジ精神はそういうときに発揮して欲しい。
posted by Prof.T at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試験を終えて帰宅

 今日の試験、昨日より学生が答案を一生懸命書いている様子だった。鉛筆を走らせている学生の方が多い。解答量も昨日よりも多い。
 そもそも試験前から雰囲気が違った。ほとんどの学生が言った通りに模範解答を用意していた。暗記用シートを使って覚えている学生もいた。レポート用紙に赤ペンで模解を書き、赤いシートで隠して、再生できるかどうか、試しているのである。大学受験用に使っていたものだろう。感心、感心。
 とはいえ安心はできない。量は合格でも、質がトホホな答案は珍しくない、むしろそういった答案の方が多い。
 さて結果はどうであろうか?
posted by Prof.T at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日こそ・・・

 今日も1コマ、試験がある。
 昨日の試験は、3、4年対象の授業のもの、今日は、1、2年が対象の授業の試験。
 1、2年生の方が、授業をまじめに聞いていた感じで、こちらのいうことを聞いてくれそうだから、試験勉強もしっかりやって・・・と期待はするのだが。
 3年にもなると、すれてきていて、教員の言うことを素直に聞かなくなってくる、大人になってしまっている。それに対して、1年生は、まだまだ純真で、子供の心、素直な気持ちを持っている・・・と信じたい。

 昨日よりも、優秀な答案が多いことを祈りつつ、出かけることにしよう。
posted by Prof.T at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1人で試験監督(2)

 昨日の2限の試験中、男子学生が1人、手を挙げた。「質問かな」、近づいて聞いてみると、腹痛でトイレに行きたいと言う。「棄権してもいいから、とにかくトイレへ」と言うが、試験が始まってまだ10分ほど。「時間はまだ十分あるから棄権する必要はない、まずは行ってきなさい」とトイレへ向かわせる。不正行為防止のために、手ぶらであることを確認し、答案は裏返しにしておいた。複数名で試験監督をしていれば、トイレまで付いていくことが可能だが、1人で試験監督だからそれは無理だ。

 15分ほど経過。試験は続いていたが、彼はなかなか戻ってこない。30分経過したら、途中退出可能だが、彼が戻ってこないと、他の学生は退出させられない。退出した学生が彼に解答のヒントを与える可能性があるからだ。
 事情を説明して、彼が戻ってきてから退出を認めるようにしよう、それにしても彼は大丈夫か、などと思っていたら、ようやく戻ってきた。試験開始後、28分。
 30分経ったので、途中退出を認める。そうしたら、腹痛でトイレに行っていた学生もすぐに答案を提出しに来た。
 「スンマセン」と言って出ていったが、腹痛で試験勉強ができなかったのか、あるいは問題を見て腹痛を起こしたのか、いずれにしても「棄権してもいい」と言った理由だけは理解した。
posted by Prof.T at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。