2005年07月25日

慰安旅行

 夏休みに教職員の慰安旅行があるらしい。案内に「1年のストレスを温泉で洗い流して」とある。確かにストレスのたまる職場だが、案内に書くこともあるまい。そもそも前期が終わったばかりで、1年というのも気が早い。

 こんな旅行に参加してもストレスがたまる一方なので、私は参加しない。

  
posted by Prof.T at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会議は終わったが・・・

 11時から始まった会議が終わったのは12時半。今日も長い会議だった。長いのは構わないのだが、最初から結論ありきの議論が進められているのが気に入らない。大学冬の時代というのに、こんなことでいいのか、徒労感だけが残る会議だった。
posted by Prof.T at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さて出かけるか・・・

 そろそろ出かけないといけない。紛糾が予定される会議だけに出たくはない。ここのところ体調不良なので、夜の飲み会も欠席したいところなのだが・・・
 首から肩にかけての痛みが引いてきたのだけが救い。
posted by Prof.T at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の予定

 午前中に会議1件。新設された全学的な委員会。学部長から学部代表に指名される・・・。
 夕方、新しい高大連携プログラムについての打ち合わせ。ざっくばらんに意見交換をするということで、飲み会形式、というか飲み会・・・。
posted by Prof.T at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M様、固まる

 学生に自分をM様と呼ばせているM先生は、今年の4月に着任したばかり。
 先日、学部のボス(を気取っている)教員にキャンパスで声をかけられた。

 「どうだ、少しは慣れたか?」
 ボス(を気取っている)この教員はいつも偉そうに話す。

 「ええ、何とか。でも、やっぱり学生とコミュニケーションを取るのは難しいですね」と答えるM先生。

 話をしていたら、M先生のゼミの女子学生がやってきた。M先生に気が付いて、「Mさま〜!」と大きな声で叫んで駆け寄ってくる。両手を前に出して、手を振っている。
 「M様、こんにちは〜」

 固まるM先生。
 ギョッとするボス(を気取っている)教員。

 「あれ〜、今日はどうしちゃったんですか〜」
 (お前ら、あっち行け!)
 「具合、悪いんですか〜」
 (状況を察しろ!)

 もちろん、女子学生たちは、その前の会話など知る由もない。

 「どうしちゃったんですか〜。今日は何だか先生みたい!」
 
 さすがに、このときばかりは、M様と呼ばせたことを後悔したらしい。
 ボス(を気取っている)教員とどんな会話を交わして別れたか、覚えていないという。
posted by Prof.T at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我慢も勉強

 土曜日の試験監督、2コマ目は1年の英語テスト。今年度から始まった、英語履修者が全員受ける単語・熟語テスト。5月19日に書いたように、うちの学生は英語が苦手だ。いろいろ問題はあるが語彙力の不足も一因だ。それを克服するために、英語教員がこの英語テストを企画した。共通のテキストを使用して、4月からみんな一生懸命勉強してきたと聞いていた。

 問題、解答用紙を持って、160人ほどがいる試験場にはいると、6割ぐらいは友達とおしゃべりをしている。テキストを広げてはいるものの、そのうちのほとんどはただ広げているだけ。試験開始直前まで、必死になって覚える、復習することが重要だと考えるが、そういう姿勢に欠けることがうちの学生の問題点だ。

 最前列に男子学生がぽつんと座っている。テキストは出していない。試験開始までまだ10分以上ある。勉強すればいいのにと思い、声をかける。

 「試験開始直前まで、一生懸命覚えた方がいいと思うけど」
 「そうですか?英語できないから無駄だと思いますが」

 「やる気があれば英語はできるようになると思うけど」
 「ええ、でもやる気がないからダメですよ」

 「30歳過ぎてからアラビア語とかイタリア語とかマスターする人もいるよ」
 「そういう人はやる気があるからですよ」

 「いやいや、やる気はなくて、仕事の関係でやらされる人もいるんだよ」
 「そうですね」

 「やる気がないからって、やらないわけにはいかないでしょ?」
 「ええ、まあ」

 「好きな仕事に就いたって、実際にやる仕事は好きではないことかもしれないでしょ」
 「そうですね」

 「やりたくないことだって我慢して頑張っているんだよ。我慢も勉強のうちだよ」
 「・・・・・・」

 その後、教室を一回りして戻ってみると、テキストを広げて復習している彼の姿が確認できた。
posted by Prof.T at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。