2005年08月31日

海外で家庭教師・・・(3)

 家庭教師先の母親は海外赴任を喜びつつも、いつ帰国できるのか心配だったようだ。大企業の出世競争において海外赴任がどのような意味、どの程度の重みを持つのか知らなかったが、あまり長く海外にいると出世競争から取り残される不安があるらしいことはわかった。

 母親の関心の中心はもっぱら夫の出世と子供の受験で、勉強の合間のお茶の時間やときどきごちそうになった食事の話題もそれらがほとんどだった。

 父親は九州大学を卒業したらしい。母親がどこを卒業したか聞かなかったが、大卒であった。受験が大変なことはわかるし、重要なことも理解しているが、そこそこの大学を出た人たちが受験競争に振り回されることもないだろう、かなり能力があって難関を突破した人たちなのだから塾や予備校の情報に踊らされる必要もないような気がすると、言わなくてもいいようなことを一度母親に向かって言ってしまったことがあった。母親は「世間が悪いんです!世間がいけないんです!」と言い切った。なるほどそう考えるかと思ったので、それっきり何も言わずにおいたが、この母親とは分かり合うことはないだろうなとも思ったものだった。

 その後、夕食をごちそうになったときのことだ。父親の会社の同僚に話が及んで、中学生の子供が「○○さんは東大を出ているんだよね」と言った。母親がすかさず「東大を出ていても偉くはないのよ」と口を挟んだ。たまにはこの母親もいいことを言うものだと感心したが、すぐに「東大を出ていても会社で偉くならないとダメよ。会社でどれだけ出世するかが重要なの。出世する人が偉いのよ」と付け加えた。

 母親を褒めたことを即座に後悔、撤回し、この母親とは未来永劫分かり合うことはないと確信した。このやりとりの間、黙って食事をしているだけの父親が印象的だった。
posted by Prof.T at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外で家庭教師・・・(2)

 留学中に家庭教師をしていた中学生の一家は、父親が大企業に勤めていた。中学生の子供も含め、一家そろってビジネスクラスで赴任してきた話を貧乏留学生は複雑な思いで聞いたことを覚えている。

 さして暑くもならない土地で、4LDKの部屋すべてにエアコンを付けていた。もちろん1つ1つの部屋は日本よりもはるかに広い。母親は語学教室と地元の主婦が主催する趣味のサークルに通っていた。中学生の子供は地元のスポーツクラブに参加していた。日本では考えられない長さの夏休みを取って、あちらこちらにドライブに行く話を自慢気に話した。その一方で、「お金がないので、家庭教師のお礼はあまりお支払いできません」と言ってくるのだから、驚き、呆れた。もともと別の家で家庭教師を頼まれていて、その空き時間を使ってついでにこの家の中学生を教えることになったので、まあ黙って聞いていたのだが、「教育に対する投資は惜しんではいけません」ぐらいは言ってもよかったかとも思う。
posted by Prof.T at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外で家庭教師・・・

 8月も終わり。ということで、今月中に締切の仕事を片づけなければならない。海外で日本から抱えてきた仕事をするものではないとは思うが仕方がない。

 そう言えば、留学中に家庭教師をやったことを思い出した。14年前の8月かな。窓からは外国の街並みが広がるのに、その部屋には日本の教科書、受験参考書が並んでいた。中学生で、高校受験が心配なのはわかるが、何も海外で受験勉強をすることもないとは思ったものの、こちらはそこそこのアルバイト代をもらえてありがたかった。
posted by Prof.T at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指導教授の性格を知る(3)

 前の記事で書いた先輩の話。

 フルブライト奨学金をもらってアメリカ留学を考えた彼は指導教授に相談した。答えは否定的なものだった。

 「応募してもなかなか通らないんだなあ。」

 そう言われて引き下がってしまった。応募締切が過ぎたある日、指導教授とキャンパス内ですれ違って次のように言われた。

 「なぜフルブライトに応募しなかったんだね。」

 この話も散々愚痴を聞かされた。確かに同情すべき余地はあるのだが、これも指導教授の性格からすれば、「大変なのはわかっていますが、チャレンジしたいと思います。」と言うべきだった。そこまで言えば、「まあ、やれるだけ、やってみるんだな」という答えが返ってくるのだ。

 指導教授は保守的な人だったが、チャレンジ精神を持った学生が好きだったのだ(と私は思っていた)。
posted by Prof.T at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

指導教授の性格を知る(2)

 今度は先輩の話。彼はワープロ導入が遅かった。理由の1つは指導教授が「やっぱり論文は手書きでなければダメなんだな」と始終言っていたからだ。

 私はこの指導を守らなかった。そもそも大学院に入る前からワープロを使っていたし、もはや手書きでは長い文章を書けなくなっていたからだ。

 指導教授はそもそもワープロを使ったことはない。手書きとワープロを比較して、「やっぱり論文は手書きでなければダメなんだな」というのなら説得力はある。しかし、使ったことがない人がそう言っても意味はない。それに指導教授はワープロ使用禁止とは言っていない。保守的な性格だから、新しいものに飛びつくタイプではない。まず疑ってみる人だ。「いえいえ、先生、そうおっしゃいますが、これがなかなか便利なんです」と言っていればいい。そのうち言うことも変わるだろうと思って、私は平気で使っていた。

 果たして、しばらくしたら「若い諸君はワープロぐらい使いこなせないといけないんだな」と言い始めた。件の先輩も「なんだ君はまだ手書きか?」と言われて慌ててワープロを買ったらしい。「いやー、先生には参っちゃうよ。言うことが変わるからさー」とこぼしていたが、たいていの人は言うことなど変わるものだ。指導についてから3年以上経っていた頃の話で、指導教授の性格をなおつかめていなかった彼の方により問題があったと考えている。それでもワープロぐらいなら笑い話で終わるからまだよかった。
posted by Prof.T at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指導教授の性格を知る(1)

 10年以上前の話。博士後期課程の後輩が、ある学会に入ろうとした。われわれの分野では推薦者2名を要求する学会が多い。当然のことながら、まずは指導教授に推薦者の1人になってもらおうと考え、書類をもって研究室のドアを叩いた。

 「学会に入りたいのですが・・・」
 「院生だと入会のメリットはないなあ。地方で開催されると行けないし・・・。」

 このような短い会話が交わされて、後輩はすごすごと引き返してきた。もちろん出てくるのは指導教授に対する愚痴である。

 普通の人は後輩に同情し、指導教授を非難するだろう。しかし、この後輩は指導教授とつきあって5年以上経つ。それだけつき合っていて、なお指導教授の性格をつかんでいない彼も悪い。

 「そうですが、東京で開催されるときには参加できます。学会に入ってさらに刺激を受けて勉強したいと思います。」と言えばいいのである。
 「まあ、そこまで言うのなら、仕方ないね・・・」と推薦者になったはずだ。

 学生の言うことをまず突き放す。それにもめげずに自分の意志、希望を言ってくる学生を指導教授は歓迎した(と私は解釈していた)。まあちょっとした天の邪鬼的なところが指導教授にはあったのだ。そんなことは研究室仲間では周知のことだ。したがって、ちょっと否定的なことを言われて戻ってきた後輩に問題がある、と私は後輩を説教したのだった。

続きを読む
posted by Prof.T at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快方に向かう・・・

 腰は大分よくなった。急な動きをしないようにしていることもあるが、激痛が走ることはなくなった。椅子に座ったままでいると、腰が固まってしまう状況は変わらないが、これは今に始まったことではない。ということで、普通に仕事をしている。続きを読む
posted by Prof.T at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人の不幸は蜜の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

discipline

 英語にdisciplineという単語がある。いくつかの意味があるが、研究者なら「学問(分野)」という意味が一番おなじみか。他に、「訓練、鍛錬」、「規律、しつけ」、「懲罰、折檻」といった意味がある。1つの単語に学問と懲罰、折檻の意味があるのは、disciplineがラテン語のdisciplinaに由来するからだ。このラテン語は「弟子を教えること」を意味する。弟子を意味する英語のdiscipleに関連する。

 親方は弟子を厳しく教え込む、それは厳しい訓練、鍛錬である。そこには規律があり、それを守らなければ懲罰を与えられる。大学院の指導教授と院生との関係も似たようなもので、学部門分野の発展においても徒弟社会の親方と弟子との厳しい関係があったことを容易に想起させる。

 語源的に考えれば、学問を志す学生に対して指導教授が厳しく指導するのは当たり前のことになる。自由な研究テーマを選ばせないのもあり得るのだろう。これが正しいか否かの議論を置くとして、文系の大学院においては、師匠と弟子的な関係が指導教授と院生との間に存在するところが多いと思われる。師匠の言うことを聞かないと懲罰を受けるのがdisciplineだとすれば、師匠との関係をうまく構築することが院生に求められるかもしれない。少なくとも大学院に進学する際には、指導教授との関係がどのようなものになるのか、指導教授の指導方法、場合によっては性格、人格について、事前にリサーチしておいた方がいいと思う。続きを読む
posted by Prof.T at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指導教授と「留学の勧め」

 大学院の指導教授が研究に関しては学生の自由を尊重してくれたことは以前書いた(6月19日)。研究テーマを指導教授が与えることはなく、「結局、君が何をやりたいかだな」が口癖だった。もちろん研究指導での学生の報告に対して、さまざまな示唆はあった。この示唆をほとんど意味のないものと考えるか、強い拘束と考えるか、あるいは適切なアドバイスととらえるかは、院生によって異なったと思う。私は適切なアドバイスと受け止めていた。

 研究に関しては示唆に留まっていた指導教授だが、より強い勧告的に指導していたのが、留学であった。博士後期課程在学中の早い時期での留学を強く勧めた。私は研究者としてやって行くには留学は不可欠と考えていたので、指導教授のこの「勧告」について真剣に考えて、修士課程の途中から準備をし始めた。しかし、研究テーマに関しては示唆に留まっているのに、留学については「勧告」する指導教授に不満や不信感を持った院生もいた。

 留学したからといってただちに就職できるわけではないし、留学しない方が早く就職できる場合もある。しかし、研究者としての幅を広げたいと考えるならば、私も指導教授と同様、早い時期の留学を勧める。
posted by Prof.T at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

travelとtravail

 旅行に出れば、いろいろと骨を折る、苦労する。旅と苦労は一対だ。実際、travel(旅行)という単語はtravail(骨折り、苦労)に由来する。旅に出て骨折りや苦労がないとすれば、それは旅ではないということになる。

 考えてみれば、これまで何事もなく帰国した方が少ないかもしれない。PCを持って行ったのにACアダプタを忘れた(自分の責任)、財布とパスポートをすられた(不注意が原因)、ロストバゲッジにあった(航空会社の責任)・・・。あれ、こんなもの?だったらたいしたことないか。

 ロストバゲッジは日本に帰国時に起きたので問題はなかった。ただ飛行機を降りたら呼び出されて驚いた。身内に不幸があったかと思ったが、その時は本当に誰にも告げずに出た逃亡だからそんなはずはない。ロストバゲッジの知らせだった。ヨーロッパから飛行機を2回乗り換えて帰国したのだが、荷物の方はどういうわけか途中で乗り換えに失敗したらしく、私が帰国した時は北欧を旅行中だったようだ。

 必要な書類を書き、スーツケースの鍵を預けて(税関通過の際に開けられるらしい、開けられて困るようなものはなかった)、手荷物だけで家に帰った。翌日、スーツケースは、やや変形して家に届けられた。無償修理の案内が添えられてあった。

 
posted by Prof.T at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊張感と昼寝

 薬を塗って少し昼寝をしたら、腰は楽になった。

 日本でも昼間眠くなるが、それとは別の意味で海外では昼寝は必須だ。日本では主として睡眠不足から昼寝をしたくなる。海外では短期の旅行では時差ボケで、それがなくても緊張感から昼寝が必要だ。

 慣れない外国の土地を歩いていると、自分では意識していなくてもものすごく気を張っている、精神的に疲れる。

 フライドチキンで簡単にお昼を済まそうと思って、「あのNo.3のセットを」と言ったのに、何だか早口でまくし立ててくる。どうやらどの部位がほしいか聞いている。何だ、決まっていないのか、と思いながら、何とか返答をする。注文を終えたと思ったら、また何か言ってくる。ポテトは入らないかと聞いているようだ。いや、そんなのは入らない。ファーストフード店でコーラに氷を入れてくれと頼んだら、「氷はない」と言われた国もあった。ということで、ファーストフードで簡単にランチを済まそうと思っても慣れない土地ではどっと疲れる。

 タクシーに乗ればぼられないかと心配し、地下鉄やバスに乗れば財布をすられないかと不安になる。歩ける距離なら歩いてしまえと、日本にいるときよりも歩いてしまう。肉体的にも疲れる。

 というわけで、海外での一人歩きはどっと疲れて、ホテルやアパートに戻ると昼寝は必須になるのだが、それでも日本では味わえないこの緊張感が好きだったりする。
posted by Prof.T at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人事の話

 私が魔女に一撃を食らってうめいていようと、世間は動いている。人事の話も進行しているようだ。

 6月9日に人事がおかしなことになっているという記事を書いたが、そのからくりがわかってきた。やはり最初から採用予定候補者がいたようである。その人物に問題がなければよい。しかし、そうではない。研究者としてふさわしい業績を上げていない。

 この人物はかなり上の役職者と関係があるようだ。役職者たちは、「大学冬の時代」を叫び、教員に対して、教育、研究の両方により一層力を尽くすよう求めてきている。しかし、こんな人事をやるようでは、彼らの言うことを聞く教員はいなくなるだろう。公募をやりながら、コネが見え見えの人事をやるようでは、大学の評判も下がるばかりだ。いずれにしても大学の生き残りは難しい。

 大学の将来が今回の人事にかかっていると言ってもよい。大局的な見地から判断が下されることを強く望む。
 
posted by Prof.T at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

起動せず・・・

 腰の具合、思ったより重症のようだ。とにかく安静にしておくことが一番だからと横になっていたのだが、寝返りを打つと激痛が走る。こういうときは、呼吸を止めて、思いっきり腹筋に力を入れて我慢するしかない。10秒ほど我慢すると、何とか激痛の波は去っていく。そのうち、激痛が走らないような寝返りの打ち方を覚える。

 しかし、いつまでも寝ているわけにはいかない。で、先ほど立ち上がろうとしたのだが、身体を起こそうとすると、激痛が走る。仕方がないので、あきらめて横になる。しかし、そのまま寝ているわけにはいかない。トイレに行きたいからだ。

 身体を曲げると激痛が走るから、脚に力を入れてまっすぐにしたままベッドからおりることにした。ベッドと身体が垂直に交わるようにし、少しずつ身体をベッドの外にずらしていく。脚がだんだんベッドの外に出て行く。脚を曲げると腰に激痛が走るから、とにかく腹に力を入れて、少しずつ、少しずつ、ベッドの外へ出ていく。

 脚が床に着いた。今度は腕立て伏せの要領で、身体を起こしていく。腰は曲げられない。脚をまっすぐに伸ばしたまま、曲げた腕を伸ばす。重い・・・こんなときに、自分の体重が恨めしい。もう少しダイエットしておくべきだった・・・。ここのホテルのベッドもマットが分厚く、床から60cmぐらいあるから、こんな技が使える。

 何とか腕を伸ばしたら、ベッド横のサイドテーブルに今度は手をつく。こちらの方が少し高い。さらに腕を伸ばしながら、身体を垂直に近づける。最後は、腕をサイドテーブルから突き放して、勢いをつけて、立ち上がる。腹筋に思い切り力を入れたままだ。何とか立ち上がる。なお前屈みだが、歩くことはできる。

 今日が日曜日で幸いだ。観光でもしようかと思っていたが、部屋で大人しくしていようと思う。しかし、海外で新しい記事カテゴリをつくって、こんな記事を書くことになるとは思わなかった。まさにトホホな日常である。
posted by Prof.T at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 他人の不幸は蜜の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノイシュバンシュタイン城

 数年前、ミュンヘンに旅行に行ったときも、荷物の整理をしようとしてかがんだら腰を痛めた。

 その時もそれほどひどい状態ではなく、スポーツ選手がよく言う「違和感がある」状態だった。それでも立ち上がろうとするときには、やはり痛みを覚えた。痛みを覚えながら、立って歩く姿は、まさにへっぴり腰で、一緒にいた後輩2人に笑われた。このときの後輩の1人は、先日の研究会で、鼻眼鏡を笑ったやつである。

 せっかくミュンヘンまで来たのだから、ノイシュバンシュタイン城に行こうということになった。ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったとされる素敵な城に、男3人で観光に行くのは正気の沙汰ではないといわれるかもしれないが、そもそもあのお城を建てたルートヴィッヒ2世も正気の沙汰ではなかったというらしいからいいだろう(自分が死んだら、城を爆破してほしいと言ったらしい。城の中の装飾もそれを感じさせる凄さである)。

 この城の近くに吊り橋がある。後輩2人は渡って元の場所まで戻ろうという。長さはさほどではないが、川底まではかなりある。吊り橋なのでかなり揺れる。2人はすいすい渡っていくが、私は足がすくんで渡れない。高所恐怖症なのである。腰痛と高所恐怖症で、2重にへっぴり腰である。そんな私を見て、2人は吊り橋の上で大笑いである。

 失礼な2人とは別れて、来た道を1人で引き返した。
posted by Prof.T at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人の不幸は蜜の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起動せず

 昨日泊まった空港ホテル。ベッドはマットが分厚い。床からの高さは70cmぐらいあるだろうか。ダイブしても気持ちよさそうだ。もっともクッションがよすぎて、天井にぶつかってしまう(嘘)。キングサイズだから縦に寝ようと、横に寝ようと自由である。1回転半ぐらいしてもベッドから落ちることはない。もちろんこんなことができるのは1人で寝ているからである・・・。

 普段、窮屈な寝方をしていて、久しぶりに大きなベッド。疲れていることもあって、ぐっすり寝てしまった。気がつくと、11時36分!カーテンを閉めていたので、朝になったのも気がつかなかった。まさかこんなに寝るとは思わなかったし、予定もなかったので、目覚ましのセットもしていないし、ウェイク・アップ・コールも当然頼んでいない。

 チェックアウトは12時。慌てる。急いで身支度を調える。昨夜シャワー浴びてよく乾かさないまま寝たので、髪の毛は爆発している。「芸術は爆発だ!」と喝破したのは岡本太郎だが、髪の毛の爆発を芸術と言うほどの勇気はない。爆発させている学生は多いけどね。彼らは寝癖ではないけれど、見る方からすれば同じようなものである。

 とにかく急いで、荷物をカバン、ピギー(ハンドル収納式で2輪が付いたスーツケース)に詰める。よし、「準備OK!間に合う」と思って、横になっていたピギーを持ち上げる。

 ギクッと音がした気がした。ベルトのあたりに衝撃が走った。

 やってしまいました。ギックリ腰!

 それでも今回はそれほど重症ではないのが救い。何とか立ち上がることができた。もっとも長時間、同じ格好をしているとどうなるかわからない。ホテルから空港までのシャトルバスに乗り込んだはいいが、立ち上がるときはやはり痛かった。

 座るのはいいが、立ち上がるのはダメ。PCも身体も、起動時にエラーが出るのが、今回の旅行の特徴のようだ。
posted by Prof.T at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人の不幸は蜜の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時差ボケ

 海外旅行に行くと時差ボケで悩まされると聞いていたが、私は何が時差ボケなのかわからなかった。だいたい機内でぐっすり眠ることはできず、目的地に着いたらそこの時間に合わせて過ごすようにしていたからだと思う。昼間ついたら眠くても夜までがんばる(ちょっと大変)、夜着いたらすぐに寝る(これは問題ない)。とにかく最初に現地時間に合わせて寝ることが鍵だと思う。

 以前は、「時差ボケはないのか」と聞かれて、「普段からボケているから」と答えていたが、最近は「ほら、アレが」とか、「アレが、アレした」という会話が多くなってきているので、この返答が冗談に聞こえなくなってきてしまう恐れがある。それで「普段から生活が不規則なので」と答えることにした。
posted by Prof.T at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中心部へ移動

 長距の国際線と国内線を乗り継いで旅をしてきて、疲れているだろうと思い、昨日は空港ホテルを予約していた。到着は週末の夕方で中心部へ行ったところで何もできないから、どうせなら少しでも安いところに泊まろうという魂胆。翌日、ゆっくり中心部へ移動すればいい。

 専門ではないが、中心部から空港への移動ということに興味がある。もともとは成田への移動がどうしてあれほどまでに面倒なのか、ということが理由なのだが、他都市ではどうか、海外へ行くたびにいろいろ比較して考えるのが個人的にはおもしろい。そういうわけで、空港から中心部までなるべく安い公共交通機関で移動することにしているのだが、安いということは時間がかかる、場合によっては乗り換えが必要だ、ということで、体力がいる。したがって、夕方着で、とくに急ぎの用事もないときは、安い空港周辺のホテルに泊まって体力を回復してから、翌日中心部へ移動することにしている。今回もそうしたのだが、まさかこんなことになるとは思わなかった。続きを読む
posted by Prof.T at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

青くなった話

 今回はPCが問題なく起動したが、昨日のホテルを出て空港で起動しようとしたら、ブルースクリーンが出てしまった。昨日、エラーの話を書いたのがいけなかったのか?そんなことはない・・・はず。

 とりあえず再起動したらうまく行ったが、いくつかのキー(PgUpキーもときどきおかしい。右シフトキーのすぐ下にあるから関係があるのだろう)が効かなくなったり、画面の隅が暗くなっているから、そろそろ寿命なのだろうか?まあ、酷使していることは間違いない。一昨年の6月に買ったのでまだ2年ちょっとだが、海外逃亡のときにも必ず持ってきている。

 新しいWindowsが出てから買い換えたいのであと1年は使いたいのだが、ハードディスクの音も心なしか怪しく聞こえるので、それまで持たないかもしれない。データのバックアップだけは忘れずに取っておかなければ・・・。
posted by Prof.T at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

到着

 国際線、国内線を乗り継いでようやく目的地に到着。先ほどホテルにチェックインしたところ。とりあえず当地には1週間ほど滞在する予定。
posted by Prof.T at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

さて出発・・・

 これからホテルをチェックアウトして、再び空港に向かう。8時間ほどフライトする予定。

 海外発海外着のフライトは当然のことながら乗務員はすべて(私から見て)外国人、乗客に日本人がいることもほとんどない。ちょっと緊張するが、その緊張感が、海外にいること、海外旅行をしていることを実感させる。
posted by Prof.T at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。