2005年08月05日

学部長に叱責される

 昨日、学生の指導をしたあと雑談になった。そこで、学部長に厳しく叱責された。7月29日の件である。7月29日というのは、6リットルの女子学生らとコンパを行った日である。ある居酒屋で楽しく歓談したのだが、学部長は店が気に入らなかったらしい。
 「何でさくら水産にしなかったんだ!」
 「いやいやさくら水産は個室がなくてうるさいんですよ。それに対してあの居酒屋は・・・」
 「うるさくてもいいんだ。学生はさくら水産でいいんだ」と言い張る、言い切る。

 研修指導を受けていた女子学生は何が何やらわけがわからない。それもそのはず、さくら水産を知らないからだ。そこで、学部長が得意気に説明する。魚肉ソーセージが安い、オニオンスライスも安い、ご飯セットがお得・・・。

 さくら水産は前学科長が一番のファンかと思ったが、今はどうも学部長のようだ。ということで、これから学部長と飲むときは、さくら水産以外の選択肢はないということだ。
posted by Prof.T at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明

 今日も大学に行かなければならなくなった。学部長がいることがわかったので、ついでにブログについて説明しておこうとしたら、学長、副学長もたまたま一緒にいたので、3人に対して説明。会議の合間を縫った短い時間にちょっと説明しただけなので、どこまでわかってもらえたかは不明だが、ITとその教育への応用可能性がどんどん広まっていること、他方でうちの大学が(非常に)遅れているということだけは、わかってもらいたい。わかってもらえるまで、機会を見つけて説明するつもり。
posted by Prof.T at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育支援

 教育重視と言いながら、うちの大学は教員に対する教育支援の体制がほとんどない。たまにワード、エクセル、パワーポイントの初歩的な講習会が開かれるが、それだけだ。パワーポイントの凝ったスライド作りや教員ホームページ開設支援、掲示板・ブログの設置など、ITの進化とそれに伴う教育への利用可能性はどんどん広がるのに、うちの大学ではまったく対応できていない。凝ったスライドをつくりたければパワーポイントの解説本を、ホームページを開設したければ作成ソフトを研究費で買わなければならない。掲示板やブログを利用したいということになれば、教員が無料サービスのものを探してこなければならない。

 疑問と怒りを持ちながら、昨夜もグループブログ探しを行った。
posted by Prof.T at 09:26| Comment(0) | TrackBack(7) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グループブログ(2)

 学生と教員のコミュニケーションを取るためにグループブログを活用しようと思っているのだが、問題は教員だ。

 「ブログ?」、「そんなの知らない」という教員が(うちの大学の場合)ほとんどである。したがって、ブログの効果、効用から説明しなければならないからである。学生の場合は、いいか悪いかは別にして多少「権威主義」的に指導できるが、教員だとそれは無理だ。

 まずは学部長を引き込むか・・・。
 
posted by Prof.T at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。