2005年08月15日

仕事を同時にこなしていくと・・・

 論文を書いているときにはそれに集中したいが、どうしても他の仕事が入ってきて中断しなければならない。できるだけ早く再開したいと思って、机の上に出している資料をほぼそのままにして仕事をしていく。そこにまた他の仕事が入ってくる・・・、ということになると、机の上は乱雑になる。

 ノートをPCで取っていて、それらはプリントアウトしないと言っても、論文を書くとなると、複数の文献は当然同時に開くことは当たり前となる。これに他の仕事の資料等が入り込んできて、研究室の事務机はカオス状態になってしまう。それを学生が見て、「片づけたらどうですか」とか「○○先生の机はきれいに片づいていますよ」などと余計なことを言ってくる。

 他の仕事をするときには、それまでの仕事で使っていた文献、資料をしっかり片づければいいのだろうが、どうも片づけるとそれまでの思考も片づけてしまいそうな気がして、そのままにしてしまう。途中で入ってきた仕事が片づいたら、速やかにもとの仕事に戻りたいという気持ちもある。片づけてしまうと、どんどん他の仕事が入ってきて、ずっと中断したままということにもなりかねない。一応、こういう理由付けはあるのだが、やりかけている仕事が山になって、下に埋もれた仕事は中断したまま、思考は完全に停止状態ということもあるのだから、やっぱりその都度片づけた方がいいのかもしれない。
posted by Prof.T at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メール、プリントアウトして読みますか?

 ワープロの書院のプリンタや初代ダイナブックを使っていたときのプリンタは給紙装置が付いていなくて、1枚1枚、手で紙をセッティングしなければいけなかった。インクリボンは(貧乏院生にとっては)高かったし、感熱紙に印字するとそのうち読めなくなるということもあって、打ち込んだものは必要がない限り、プリントアウトすることはなかった。

 今でもPCに打ち込んだノートはプリントアウトすることなく、画面上で読んでいくことがほとんどだ。論文も最終段階に近くなってからプリントアウトして推敲する。

 もちろんメールもプリントアウトして読むことはない。他方で、紙でないと頭に入らない、メールもプリントアウトしないとダメだという同僚もいる。だいたい年配の人に多いのだが、PC使用歴とも関係するのだろう。

 私がプリントしないのは、紙だとあとで探すのが大変だということもある。整理、整頓が下手なのだ。
posted by Prof.T at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一太郎からワードへ

 最初は一太郎を使っていたのだが、かなり早い段階でワードへ移行した。というのもワードの方が論文を書くのに便利だったからだ。

 1つは脚注機能で、ワードの方が早くから充実していた。論文では、章ごとに注を付けるようにしていたので、セクションごとに注が付けられるのは便利だった。

 もう1つはアウトライン機能である。本格的なアウトラインプロセッサーに比べれば使いにくかったが、全体を見渡しながら論文を書けるのは便利だった。

 以上が主な理由だが、もう1つ本質的な機能とは関係のないところで、一太郎を支持しない理由がある。これはWindowsになってからの話になるが、一太郎はアイコンはじめデザイン面でダサイからである。もちろん一太郎のデザインが好きな人もいるだろうし、気にならない人もいるのだろうが、私は好きではないし、気になる。文書を作っているときに、不愉快になるのも嫌なのも、一太郎を使わない理由である。

 ただし、以前にも書いたがIMEはATOKである。MS-IMEはまったく使う気にならない。
posted by Prof.T at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワープロからPCへ

 ワープロ専用機の登場がもう少し遅かったなら、研究者になっていなかったかもしれないと書いた。レポートやレジュメはワープロ専用機で書いたのだが、文献、資料を読みながらのノートはまだ手書きだった。持ち運びできず、図書館等で使えなかったからだ。

 その後、東芝から発売された初代ダイナブックを購入してからは、基本的にノートもPCで取るようになった。テキスト・エディタのVZ、一太郎dashをもっぱら利用した。

 ダイナブックは鞄に入る大きさで、重量的にも持ち運び可能であったから、大学や家、喫茶店などで活用できた。当時はモバイルなどという表現はなかったが、論文やアルバイトの模試問題作りなどの仕事をあちらこちら移動しながら行っていた。
posted by Prof.T at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は・・・

要領が悪いというか、不器用というか、つまるところ頭が悪いのかもしれないが、複数の仕事を同時並行的にこなすのが下手であり、苦手である。

1つのことをやり出すと、それを完成させないと、次に取りかかれない。能力的問題に加えて、そういう性分ということもある。短時間で終わらせることが可能な仕事(簡単な書類づくりなど)ならそれでいいが、そうはいかない複数の原稿を抱えたりして、その締めきりが近かったりすると、順々に仕事を片付けて,というわけにはいかない。必然的に同時並行的に複数の仕事をしていかなければならない。頭が上手く切り換えられない。

世間の人はどのようにして同時並行的な仕事を上手に片付けているのだろうか?
posted by Prof.T at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気がついたら・・・

 気がついたら8月も半分が過ぎようとしている。予定より早く国外へ逃亡することにしたので、月末締切の原稿や9月中旬、下旬に予定されている共同研究会での報告について、早めに準備しておかなくてはいけない。

 気合いを入れ直して頑張ることにしよう。
posted by Prof.T at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。