2005年08月18日

構造化エディタ

 Artisanさんからは以下のリンクも紹介して頂いた。ありがとうございました。

 オンラインソフトで卒業論文を完成させよう!
 ただし、古い情報でリンク切れしているので要注意。

 掲載されている中で興味深いソフトの1つが、アウトラインプロセッサー的に使えるテキストエディタである構造化エディタ(作者のページにリンク)。Software Linkageさんのレビュー林檎の木さんのレビューを参考にされたい。

 Windows98を使っているときにちょっと試してみたが、WZを使っていた関係で本格使用には至らなかった。
posted by Prof.T at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ISBNとバーコードリーダーを使った蔵書管理

 Artisanが紹介してくださったEKAKINさんのバーコードリーダーを使った蔵書管理ソフト。
 バーコードリーダーでISBNを読み取って蔵書管理ができるとのこと。もちろんバーコードリーダーがなくてもISBNを打ち込めば利用可。
 Artisanさんが試してくださった。
 http://homepage1.nifty.com/EKAKIN/index.htm
勿論、バーコードリーダーは持っていないので、ISBNを手で打ち込んでみました。ISBNを入力するとamazon.co.jpから書籍データを引っ張ってくるようです。

 追加のPlug-inでamazon.comから書籍データを利用できるとのこと。
 http://homepage1.nifty.com/EKAKIN/shihonplusv2_plugin.htm
試しに日本語版のソフトウェアを利用し、手持ちの洋書(英語)を登録してみました。書籍はamazon.co.jpに登録されているらしく、問題なくデータを引っ張ってこれました。


 Artisanさん、情報ありがとうございました。
posted by Prof.T at 22:17| Comment(22) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いただいた有益な情報をまとめてみます

 Artisanさんから蔵書管理や論文作成に有益なソフトについて紹介して頂いた。コメントだと検索しにくいので、とりあえず「情報」カテゴリをつくってまとめてみることにする。

 Artisanさん、ありがとうございました。
posted by Prof.T at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教授会

 研究会が終わって、お昼。後輩の奥さんも加わって、4人で近くの店でランチを食べる。奥さんも後輩と同じ大学の教員。ただし、後輩とは学部は異なる。以前は中部地方の国立大学にいた。その後、母校である今の大学に移ってきた。

 ランチを食べ終わって雑談をしていたら、もう1人の後輩(女性)が奥さんに「今の大学に教授会ありますか?」とトンチンカンな質問をする。業界人とは思えない質問なので、「あなたの職業は何なのですか?」、「どういう業界にお勤めですか?」と一応突っ込みを入れておく。

 もちろん答えは「あります」ということなのだが、奥さんの学部では教授会は2時間半ぐらいらしい。ところが以前の勤務先は7時間!が普通だったらしい。午後1時から8時頃までやっていたらしい!!

 質問をした彼女の大学もそれほどではないが、かなり長時間かかるらしい。奥さんも「カタログ持って行きます?」などと言ってくる。洋書のカタログを持って行って、教授会の間に見ているらしい。「ええ、もちろんです。内職用の本は持って行きます!」と2人で話が弾む。

 今の大学には不満がたくさんあるが、教授会が2時間程度で終わる点では恵まれているようだ。
posted by Prof.T at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集中できる時間帯

 研究をしていて、すーっと霧が晴れる状態が訪れるときは夜が多いと書いた。

 これは1つに昼間は集中できないことによるようだ。明るいし、家の中の音を消していても、外では車、人、鳥等さまざまな音がする。研究室にいれば同僚や学生の声や足音が聞こえる。したがって、研究をしていても、どうしても集中できないことが多い。家にいても、大学にいても、こういった音は夜になると消えていく。日も落ちて暗くなって、ようやく集中できる態勢になる。

 もちろんいつ何時でも研究に打ち込む際には、それに集中できないといけないと思ったこともある。それで、これではいけないと自分を責めたりしたが、最近は考えを改めて、昼の明るいうちは文献探しやコピー等の作業に使い、日が暮れる頃から読み、考えることにしている。

 とはいえ、体力がとみに衰えている昨今、とくに学期中は、疲れて思考も何もあったものではない夜が多いから、とっとと寝て、夜が明ける前の薄暗い時間に集中して作業をすることが多くなった。
posted by Prof.T at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究会終了

 11時から研究会。1時間半ほど各自が調べてきたことを報告。私だけでなく2人も具体的なテーマを模索中である。

 とりあえず大きなテーマを確定し、研究の目的についてのコンセンサスをつくった。このコンセンサスをもとに各自具体的なテーマ設定を行うことになる。

 もっともその前に民間団体の研究助成を受けるために、書類をつくらなければいけない。コンセンサスを研究助成が得られるように書く作業、重大かつ面倒な作業を3人のうちの誰がやらなければいけないかの決定は次回にすることにして、次回までに各自が試案的なものを箇条書きにしてくることにして、研究会を終えた。

 その後、遅い昼食を取りながら雑談をして解散。
posted by Prof.T at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究テーマ

 大学へ行って書類を出してから、後輩2人とやっている研究会(前回は7月12日)へ向かう。

 7月12日の記事で書いたように、共同研究の方向性は見えてきているのだが、そこから各自が具体的なテーマを設定するところまで進まない。他の2人はともかく少なくとも私のテーマはいまだ決めることができない。研究がおもしろいものになるかどうかは、テーマの設定に大きく関係する。どのような切り口がいいのか、悩むところだ。
posted by Prof.T at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ながら仕事

 『思い出のメロディー』の話とか、深夜放送を聞いていたといった話を書きながら、実はテレビを見ながら、ラジオ、CDを聞きながらの仕事は、講義ノート作りなどの例外を除いて、しない、できない。

 理由は簡単で集中できないからだ。考える作業に音は邪魔になる。講義ノート作りは、考えない作業で、ある程度決まった文献、ネットからの資料収集という単調な作業を行うので、音は邪魔にならない。他方で、研究で文献を読みながらノートを取っていく、論文を書いていくときには、音は邪魔になる。

 ブログを書いているときも、記事によって音有り、音無しになる。ちなみにこの記事は音有りで書いている。
posted by Prof.T at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書類完成

 書類を1つ作り終える。来週からの海外出張のためのもの。お盆の一斉休暇が終わって今日から事務が再開されてい。期日が迫っているので、今日、提出してこようとおもう。
posted by Prof.T at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝坊・・・

 もう少し早く起きたかった・・・。

 まずは書類作りに取りかかる。
posted by Prof.T at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。