2005年09月08日

帰国の途に

 長いようで短かった今回の海外逃亡も終わりを迎えた。今日の便で帰国の途につく。腰も歯もPCも何とかなったのは幸い。
 
 次の海外逃亡を楽しみにしながら、後期の仕事に励むことにしよう。
posted by Prof.T at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学部長からメール

 学部長からメールが届いた。7月25日に開かれた高大連携プログラムに関する高校教員との懇談会について、今度の会議で報告してほしいという内容。1ヶ月以上前の、酒を飲みながらの話だったから、何を話したのかよく覚えていないのだが、とりあえず「了解しました」と返事をしておく。
 
 もっとも高大連携プログラムの具体化については、学部長といろいろ相談したい.。それで、帰国後伺いたいと書いておいたら、先ほど返事が来た。10日に帰国、11日から大学に出るとのこと。学部長も海外逃亡中らしい。もっとも学部長は海外にも家を持っているので、私のようにホテルを転々とする逃亡ではない。
 
posted by Prof.T at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生からメール

 海外研修へ行っていた学生からのメール。

 夜、風呂に入りたいと言って、ホストファミリーに驚かれたという。

 take a bath と言ったつもりが、take a busととられたとのこと。発音は大切だという内容のメール(一応英語で書いてあった)だったが、中学生の頃に聞いた笑い話をまさか21世紀に聞くとは・・・。もっとも彼女ならあり得る話と納得してしまうから不思議だ。

 しかし、これで「海外研修」の単位を与えてよいものだろうか?
posted by Prof.T at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。