2005年10月08日

「ちょっと年齢を感じている今日この頃」

 眞鍋のブログを読んだ。日を置かない更新だから、元気なのだろう。良いことだ。

 その最新の記事によると、眞鍋と普天王が同い年らしい。それに続けて、眞鍋は次のように書いている。
おすもうさんが自分より年下になってきたのでちょっと年齢を感じている今日この頃。最近、女子アナも年下だったりします…。頑張ります。
最後の「頑張ります」が意味不明だが、もう決して若くはない、甘やかされなくなってきた、しっかりしなければいけない、という決意表明なのだろう。

 5月29日の「早慶戦の思い出」でも書いたが、高校野球はお兄さんたちがやっているもので、大学野球はさらにその上のおじさんたちがやっているものだと思っていた。プロ野球選手は親父世代のように感じていた。学生に聞いても、そんな感覚のようだ。

 気がつけば、高校野球は少年たちのスポーツで、大学野球ももはや弟世代ではなく息子に相当する世代がプレーしている。プロ野球には同年代の現役選手は当然いない。月日が経つのは早い。本当に早い。

 大学3年生は、これからの1年がとくに早い。4年生はそう実感していると思う。就職活動を始めてから、内定をもらうまでの間は、本当に早い。内定をもらってから、卒業までの時間の経過もあっという間だ。

 この間、大学に入ったと思ったら、もう3年生だ。3年生諸君には、とくに先のこと、将来のことを考えて、勉学に励んでほしいと思う。

 以上、もっと勉強しておけば良かったと後悔している中年大学教員からのメッセージである。
posted by Prof.T at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インカレ2位の学生

 運動部の学生であっても、もちろん優秀な学生はいる。マイナーな競技ではあるが、世界選手権で3位になった学生もいた。インカレで2位になった学生はいた。彼らは練習や試合と重ならない限り、授業にきちんと出席していた。

 今でもちょっと気になっているのは、後者のインカレで2位になった学生だ。彼は他学部の学生で、私の科目は教員免許を取るために必要だということで履修していた。私は試験の点数をもとにして成績をつけているが、彼の答案を採点したときには、正直どうしたものかと迷った。

 点数は70点台だった。成績はBとなる。しかし、彼は運動部で、おまけにインカレで2位になるほど頑張った。さらに他学部で、私の科目は彼にとって専門科目ではない。これらを考慮すれば、Aにしてもいいような気もする。

 他方で、彼だけ特別扱いしていいのか、という疑問もある。学生の中には新聞配達などで生計を立てながら頑張っている学生もいるかもしれない。インカレで2位になることも大変だが、学費を稼ぎながら頑張っている学生も大変だ。インカレで2位になった学生は顔と名前がたまたま一致した。ある種の情が発生しているだけに過ぎないのではないか。情に流されて成績をつけてよいのか。それは私が唾棄してきたことではないか。

 結局、何の配慮をすることなく、成績はBとしたのだが、今でもそれでよかったのか、いやよかったのだと、考えることがある。
posted by Prof.T at 21:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動部の学生

 木曜日の1限の授業は、運動部の学生が多く受講している。すべてではないにしても、運動部の学生には手を焼く。早い話が勉強しない。

 運動ができれば、勉強しなくてもよいとか、勉強ができなくてもよいという考えを、私はとらない。運動というのは身体だけでなく、頭も使うのだ。筋トレをするように、頭の方もいろいろなトレーニングが必要だ。大学スポーツなのだから、なおさらだ。

 以前は試験ができなかった学生に対して、敗者復活レポートを課したこともあったが、今はやっていない。ある運動部の学生数人が全く同一のレポートを出してきたからだ。別の運動部の主将のレポートは表紙と本文とで字体が異なっていた。

 木曜日1限の授業は出席を義務づけ、積極的な授業参加を促している。しかし、運動部の学生はじっと座っているだけである。声を荒げたあとに、携帯メールを確認していた学生も運動部の学生である。

 私の授業は厳しいという評価が学生には定着しているが、選択必修の木曜1限の授業だけは仕方なくとったのだと思う。ならば他の教員の担当科目とは違ってしっかり勉強しなければならないと仕方なく思ってほしい。
posted by Prof.T at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着信アリ

 携帯を見たら、同僚から3時間ほど前に着信があった。かけ直す。私がつくらなければいけない会議の資料について、何かヒントが思い浮かんだらしくて、電話をくれたらしい。

 「でも、忘れてしまいました。」

 まあ、よくあることだ。いずれにせよ、こちらの考えを話し、試案を作ったら、彼に送ることにする。それまでに思い出したら、連絡をくれればいいし、試案を見て思い出すかもしれない。要はいいものができればいいだけのことだ。

 それにしても、思いついたヒントをどうやって記憶に残すか、メモ(字、ボイスetc.)がとれないような状態で、どのように覚えるかは、なかなか難しい問題だ。
続きを読む
posted by Prof.T at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ようやく起床・・・

 先ほど起床して、簡単に朝食をとったところ。例によって、身体はだるい・・・。

 やはりさくら水産で飲んだのがいけない。とくに話題がひどかった。

 最初からさくら水産で飲んでいた同僚たちは、かなりできあがっていて、学部長到着後、トイレの話で盛り上がる。大学のトイレを綺麗にしなければいけない、ウォッシュレットが必要だといった話に始まって、発展途上国のトイレ事情、とくに行為後の処理の仕方にまで話が及ぶ。水を使うとか、使わないとか、侃々諤々の議論。トイレの話が盛り上がるのはよくわかるが、何もさくら水産で大声で話す話題ではなかろう。私は隣のグループに聞こえないか、気が気ではない。アルコールが入って、みな声が大きくなっているからだ。

 こういう品のないのは好きではないので、盛り上がる同僚たちから少し離れ、同じ思いをしていたM先生とともに別の話をした。どっと疲れを感じたのはこの頃だ。

 さて、今日の天気はどうだろう。雨が降らなければ、午後から買い物に出かけたい・・。
posted by Prof.T at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。