2005年10月23日

フクちゃん

 牡蠣フライを食べにとんかつ屋へ入ったら、なぜか学部学生時代によく通った大学近くのとんかつ屋のことを思い出した。

 カウンター席に10人ほど座れたのだろうか、2人がけのテーブル席が3つくらい、一番奥に4人がけのテーブル席があったような気がするが、記憶は定かではない。

 普通のとんかつは置いていないという変わったとんかつ屋だった。おろしトンカツ、チーズトンカツといった、変わりとんかつばかりを食べさせる店で、その中でも異彩を放っていたのが、チョコレートとんかつ、通称チョコとんだった。下手物的に扱われることが多かったが、食べてみるとチョコレートとソースがいい塩梅で、結構いける味で、好きだった。テレビや雑誌にもよく取り上げられていた。

 ただ貧乏学生だった私は、なかなかとんかつには手が出ずに、もっぱらメンチカツを食べることが多かった。こちらも必ず中に何か入っているものばかりで、普通のメンチカツはなかった。私が好きだったのは、納豆メンチだった。バナナ入りもあったが、これは手を出したことはない。

 他にもどんぶりいっぱいの豚汁がついたランチも名物だった。とんかつにつきもののキャベツは千切りにはほど遠かったが、それをワシワシ食べるのが、何ともこの店のとんかつ、メンチカツには、ふさわしかった。あんな太いキャベツを食べさせるとんかつ屋は、後にも先にもこの店くらいだろう。そうそう、みそ汁のお代わりができたんだった。けれども、お代わりのみそ汁にはほとんど具が入ってなかった。

 壁には学生や卒業生の寄せ書きの色紙が所狭しと並んでいた。店のつくりにしてもとんかつにしても、どちらも上品とはほど遠く、うまいかと問われても直ちに首肯しがたいのだが、それでもやっぱりときどき無性に食べたくなる。もう店がないだけに、その思いは一層強い。フクちゃんのチョコとんと納豆メンチは思い出の中に残るだけだ。
 
posted by Prof.T at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牡蠣フライ

 何だか急に牡蠣フライが食べたくなって、トンカツ屋に寄って帰ってきた。どうして牡蠣フライを食べたくなったかというと、今朝、こちらの日記を読んだからだ。

 去年の今頃、モールスキンで検索していたら、たどり着き、過去の日記を全部読み、それから毎日読んでいる。大久保先生の「フィールドノート」は、細やかな日常観察日記であり、膨大な量の読書日記でもあり、ややミーハー的なテレビ・ドラマ時評でもあり、同じものをつい食べたくなるすぐれた食事エッセイでもあり、要するに、毎日読みたくなる、読まなければその日が始まらない(あるいは終わらない)エッセイである。

 どれもがおもしろいのだが、どれか1つだけあげろと言われれば、私は2005年3月29日(火)の日記をあげる。もっともこの選択が大久保先生のお気に召すかどうかは知らない。
posted by Prof.T at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書店を出て・・・

 書店を出て、お茶しているところ。3年ゼミ用の英語の参考書を買った。単語・熟語暗記用の例文集だが、長文の例題もついている。単語・熟語は、毎回小テストを行って覚えさせよう。長文については、予習をさせて、わからないところを質問させよう。解答できる学生がいればその学生が答えればいいし、誰もわからなければ私が解説を加えればよい。

 帰ったら、全員に連絡だ。
posted by Prof.T at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二度目の休憩・・・

 お昼を食べたあと、ちょっと歩いた。その後、電車に乗り、ターミナル駅にある大きな書店に行く途中で休憩中。

 天気がいいせいか、街を行き交う人々の表情がなんとなくにこやかに見える。久しぶりの気持ちのいい青空だから、ちょっとぐらい嫌なことがあっても忘れてしまうのだろう。

 本当はもう少し歩きたかったが、寝過ぎたせいか、寝方が悪かったせいか、腰が痛い。いつもなら、歩いているうちに痛みが取れていくのだが、今日は反対に痛みは強くなる。どこかで座りたくて、コーヒーを飲んでいるところ。

 それにしても、腰を痛めている同業者が多い。金曜日の飲み会も、1人、ぎっくり腰で欠席した。まだ30代半ば。科研費でも若手枠で応募できる年齢だ。小さな子供がいて、父親の腰のことなどわからずに、「パパ、遊ぼう!」なんて言ってきたら、大変だろうな。

 金曜日の飲み会では、ぎっくり腰も話題の1つだった。私は経験談を語りまくったが、本音を言えば、こんな話題で偉そうにしゃべりたくはない。
posted by Prof.T at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人の不幸は蜜の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩の途中で・・・

 散歩の途中で、早めのランチ。

 青空の下を歩くのは気持ちいい。ついつい空を眺めてしまう。いつもとは違う道を歩いてみる。殺風景な街も太陽光できらきら輝いている。

 ちょっと風は強いが、日差しが強いので、それも気持ちいい。ブルゾンを脱いで、半袖で歩く。

 もう少し休憩して、また気の向くまま、歩くことにしよう。
posted by Prof.T at 12:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書店へ行ったら・・・

 散策の最後に書店へ寄ったら、英語の棚を覗かないといけない。3年ゼミが英語ゼミの様相を帯びてきている(10月19日)からだ。

 英語ができないけれども、できなければいけないと思っている。英語ができないがゆえに、勉強全体にコンプレックスを持っている。1人だと挫折するけれども、みんなでやれば脱落せずにやれるかもしれない。

 いろいろな思いはあるが、みんなで英語に本格的に取り組むことにした。みんなで勉強をするためには、テキストを選定しなければいけない。それは私の役目だ。

 どれだけ伸びるかわからない。1人くらい脱落するかもしれない。それでも、やる気になっているときに、一気にやってしまおう。

 うちの学生は、やる気を出して勉強すると、本当に伸びるのだ。何しろ、高校までロクに勉強していないのだから!

 中途半端な勉強は結局は勉強していないことにほぼ等しいこと。必死になって勉強すれば、できるようになること。勉強というのは必死になってやらなければ身につかないということ。

 英語の勉強を通じて、いろいろなことを学んでほしい。
posted by Prof.T at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい天気だ!

 8時前に起床。美しい青空がどこまでも広がる。いい天気だ。単純な人間なので、天気がいいと、それだけでうれしくなる。

 青空の下、とりあえず行き先を決めずに、歩いてみようかな。疲れたら、どこかでコーヒーを飲み、最後に書店へ寄ることにしよう。
posted by Prof.T at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。