2005年12月04日

ネコジャラ市の11人

 ♪ねえムーミン、こっち向いて♪というムーミンのテーマは、井上ひさしの作詞による。私が中学から大学に入る頃まで、もっとも読んだ作家が井上ひさしだった。もっとも戯曲はほとんど読まず、もっぱらエッセイだったのだが、私は井上ひさしから文章のリズムや諧謔を学んだ。

 井上ひさしが若い頃テレビ草創期の放送作家として活躍したことは知られている。代表作の1つが『ひょっこりひょうたん島』であることは言うまでもない。しかし、私と同年代にとっては、『ひょっこりひょうたん島』よりも『ネコジャラ市の11人』の方が思い出深いはずだ。

 どちらも平日の午後6時過ぎから放送されていた連続人形劇だが、『ひょっこりひょうたん島』は、小学校低学年で放送が終了してしまい、ほとんど記憶がない。その後、『空中都市008』を挟んで放送されたのが、『ネコジャラ市の11人』であった。『ひょっこりひょうたん島』とほぼ同じスタッフだったためか、ギャグがきつかったせいなのか、『ひょっこりひょうたん島』ほど話題に上ることはないが、連続人形劇といえば、私にとっては『ネコジャラ市の11人』である。

 ♪ここはまだ石ころごろごろ、ここはまだ草がぼーぼー♪という『ネコジャラ市の11人』で流れた歌が、私たちは大好きだった。当時、小学生だった私たちは、「帰りの会」なるもので歌を歌っていたが、卒業間際の頃に、この歌を毎日歌っていた。ある日、珍しく機嫌のいい担任の男性教諭がにこにこと指揮をしてくれたことを覚えている。担任も『ネコジャラ市の11人』のファンだったと思う。

 4年後に進学した高校では、世界史の教員の1人をみな、ベンキョーチューと呼んでいた。ベンキョーチューは『ネコジャラ市の11人』の登場キャラクタの1人(ネズミだから1匹か?)だが、『ネコジャラ市の11人』はそれほどの人気番組であった。顔の形も牛乳瓶の底のようなレンズのメガネもそっくりだったが、私はベンキョーチューには教わらなかった。

 残念ながら、『ネコジャラ市の11人』の資料は、NHKにもほとんど残っていないという。当時、一緒に♪ここはまだ石ころごろごろ♪と歌った同年代の方にも『ネコジャラ市の11人』って何?という方にも、『ネコジャラ市の11人』の覚え書きのページがひじょうに参考になる。
posted by Prof.T at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伸びる学生・伸びない学生

 大学のホームページや案内に掲載するゼミ紹介やコンパなどの原稿を3年ゼミの学生2人に書かせた。両名とも4月にゼミに入ってきたときは、典型的な「中の中」の学生(7月28、29、31日)で、「勉強、大丈夫かな?」と心配になった学生だ。

 あれから半年以上が過ぎ、3年ゼミの授業も残り少なくなってきている今、この2人には、勉強面ではっきりと差が出てきている。1人は4月と同じ状態。発表はいつもしどろもどろ、こちらが質問をすると、黙ってしまう。原稿も直しが必要だ。もう1人は秋頃からからしっかりした発表をしてくるようになった。こちらが質問すると、当初は「次までに調べてきます」という返答だったが、今はしっかりと答えることができる。聞いている学生にも「おもしろくなりそうじゃん」と評判がいい。原稿も変換ミスが1つあっただけで、文章はしっかりしている。

 何が2人の差を生んでいるのかは、よくわからない。しかし、例年、この時期になると、急速に力をつけて伸びてくる学生とずっと低空飛行のままの学生との差が出てくる。前者に自信をつけさせ一層伸ばすこと、後者を何とかして上昇気流に乗せること、これが指導教員に求められる。前者はうまくいくことが多いが、後者は難しい。
posted by Prof.T at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじさんの基準5

 ムーミンの話を書いたが、ムーミンを知らないのもおじさんだし、カバと勘違いするのもおじさんだが、「アレね」などと言って、♪ねえ、ムーミン、あっち向いて♪と歌って、「あっちじゃなく、こっちですよ」と女の子に突っ込みを入れてもらいたがるのもおじさんである。
posted by Prof.T at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学先のアパートで・・・

 とうとう雨が降り出した。スーパーへ買い物に行こうかと思っていたが、中止だな。今日は家で引きこもりだ。

 寒い冬に引きこもりということで、留学していた頃を思い出した。1年目の冬、知り合いなどいない地で、大学の授業や買い物などの必要な用事で出る以外は、家の中に閉じこもっていたことを思い出した。

 どんより曇って、雨が降り出しそうな天気は、慣れない留学生活を一層不安なものにした。ガスストーブをつけ、部屋を暖め、テレビをつけて、ソファに丸くなって横になっていてばかりいた。今もそうだが、その時は今以上に惰眠をむさぼった。おそらくは慣れない生活で、かなり神経を使っていたからだろう。大学の授業はもちろん買い物も緊張のし通しだった。テレビをつけて寝ているのは今も同じだが、当然日本語ではないから、その視聴さえ、集中力を必要としたのだった。
posted by Prof.T at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SR-E10000を使ってみて・・・

 先日、Amazonで購入したSR-E10000の使い勝手に、いくつか感想めいたことを。といっても、まだまだ使い込んではいないので、ファーストインプレッション的なもの。

 良い点
 ・打ちやすいキーボード。カシオのものも使ったことがあるが取りこぼしが多く、こちらの方が打ちやすい。
 ・バックライトがついている点。暗いところでは便利。ただし、電池の消耗を気にして、あまりつけない。
 ・英和ボタンで、ジーニアス、リーダーズなど一括して検索可能な点。

 改良して欲しい点
 ・起動が遅い。いちいち起動画面を出るのは鬱陶しい。消せないのかな?
 ・画面を開いても自動的に電源が入らない。カシオでは自動で電源がオンになる。設定できるのかな?
posted by Prof.T at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

垂れ籠める雲を見て・・・

 今日は原稿書きに専念。幸か不幸か、外はどんより曇っていて、出かけようという気分にはならない。

 雲が厚く垂れ籠める様は、ヨーロッパを思い起こさせるが、家の窓から見える光景は当然ながらまったく異なる。昔ながらの地名が残る所に住んでいるが、残念ながら歴史を感じさせる風景は見られない。
posted by Prof.T at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムーミン

 先日の会議のブレーンストーミング中に、ムーミンの話になった。アニメのキャラクターを宣伝に使っていたりする大学があるからだ。

 何人かの教員で、そのくらいの柔らかい発想が必要だなどと、あれやこれや話をしていたら、学部長が「ムーミンって何?」と恥ずかしそうにポツリ。話の輪に加われなくて、寂しそうでもある。4人も子育てをしたのに、知らないとは・・・。

 そうしたら、前学部長が、「あのカバだろ」と言い放った。

 いいえ、ムーミンはカバではありません!
posted by Prof.T at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

編集委員会2

 以前、別の学会の編集委員を務めたことがある。その時には、年報の特集をどうするか、誰に原稿の依頼するか、投稿論文の査読者を誰にするかといった、編集委員会本来の仕事をした。

 しかし、その時にも不思議なことがあって、「掲載論文の本数が足りない」ということで、編集委員にも掲載論文を書くことが求められた。任期2年のうちに1本は書くこと、それが編集委員のノルマであった。もちろん編集委員を依頼されたときには、そんな話は一切なく、最初の編集委員会が開かれたときに、委員長からそう告げられるのであった。これも編集委員怪と言えよう。
posted by Prof.T at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。