2005年12月11日

クラブ世界一

 クラブチーム世界一を決める、FIFAクラブワールドチャンピオンシップ・トヨタカップジャパン2005が始まった。日本のクラブチームが参加していないのは残念だが、これから1週間、日本で世界最高レベルのサッカーが見られるのはうれしい。

 順当ならばサンパウロかリヴァプールが優勝なのだろうが、サッカーは番狂わせが起こりやすいスポーツだから、どうなるかわからない。サッカーのスタイルもクラブごと、国ごとに違っているから、それも興味深い。

 カズにも期待する。厳しいとは思うが、ぜひ活躍して、経験を生かすなどという形でなく、実力でワールドカップのメンバーに名を連ねて欲しい。オーストラリア、クロアチア、ブラジルという対戦国のすべてのチームに所属したというのは、けっして偶然ではないように思う。

 興味は尽きない。この1週間、世界のプレーを楽しみたい。世界へ通じている、それがサッカーの魅力だ。
posted by Prof.T at 20:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼休みをなくしたら・・・

 来年度のコマ数が確定したことを書いたが、時間割は決まっていない。希望する時限に希望する教室がとれるかどうかわからないからだ。

 どこの大学でもたいていそうだと思うが、うちの大学の場合、カリキュラム改革で科目数が増えているのに、それに対応する形で教室が増えていないので、教室が足りなくて困っている。昔ながらの大教室が多くて、中教室が足りない。私はAVの設備を整えた中教室を希望しているのだが、これがなかなかとれない。

 教室を増設すればいいのだが、それができないのだったら、昼休みをなくせばいい。5時限制でやっているところを6時限制にすれば、教室不足はかなりの程度、解消できると思う。

 昼休みをなくすことにたいする批判はあるかもしれないが、給食ではないのだから、みんな一斉に同じ時間にお昼を食べる必要もないだろう。一斉に食事を取ることがなくなるから、学食等の混雑も避けられる。お昼を取ることができなくなるという不満が出るかもしれないが、休み時間を10分から15分にして、サンドイッチなどをつまめるようにすればいい。そもそもみながみな連続して授業を入れることもないだろう。正午前後の時限を、教員も学生も各自勝手に昼休みに設定して、授業を入れなければいいのだ。欧米の大学は昼休みを設定していないと聞く。実際、私が知っているいくつかの大学にも昼休みはない。

 ということで、昼休み廃止を提案するのだが、実現しそうにはないかな・・・。
posted by Prof.T at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も・・・

 昨日は、宅配便の到着が予定より遅れたために、結局外出できず。今日はどんより曇っていて、外へ出る気がしない。ということで、宅配ピザを注文することにした。胸焼けしそうだが、何となく食べたくなって・・・。

 午後は英書の予習と講義要項づくりに専念かな・・・。

 
posted by Prof.T at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマ数確定

 来年度のコマ数が確定した。

 火曜日(非常勤)前期2コマ、後期3コマ
 水曜日(本務校)4コマ
 木曜日(本務校)3コマ

 金曜日が会議日で、土、日、月の3連休体制は今年度と同じ。6月18日のクロアチア戦の「弾丸ツアー」に参加可能だ・・・。
posted by Prof.T at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。