2005年12月27日

democracyとdemocracies2

 democracyは民主主義だと思いこんでいると、In advanced democracies, ……といった文章に出合ったときに、困ることになる。

 実際、修士のときの英書の時間に、democraciesが出てきたときに、ある学生が「民主主義の複数形って何でしょうか?」という質問を発した。確かに民主主義の複数形とは、何が何だかわからない。

 democraciesと複数形になっているから、この場合のdemocracyは可算名詞である。それに注意してdemocracyを辞書で引いてみると、
民主主義国
The United States is a 〜.  合衆国は民主主義国である.
(『プログレッシブ英和中辞典』(第3版))
という意味を見つける。上のIn advanced democraciesは、「先進民主主義国において(は)」という意味になる。

 ちなみに英英辞典を調べると、democracyの項には
1.Government by the people, exercised either directly or through elected representatives.
2.A political or social unit that has such a government.
3.The common people, considered as the primary source of political power.
4.Majority rule.
5.The principles of social equality and respect for the individual within a community.
『アメリカン・ヘリテイジ英英辞典』(第3版)
とある。したがって、別に国家のレベルでなくても、民主的なシステムであればdemocracyということになる。EUのような超国家的なシステムや州以下の地方団体もdemocracyであり得る。したがって、democraciesをいつも「(複数の)民主主義(諸)国」と訳せばいいというものではない。

 研究者の中にはdemocracyに関して民主主義という訳語を与えず、カタカナのデモクラシーという訳語を与える者がいるが、これはdemocracyと民主主義のズレを嫌うからだろう。democracyは英英辞典的理解ではもっぱら政治(政府)のシステムだからであり、民主「主義」という(ややもすれば規範的な)思想的な意味合いは薄いからである。

 英書を読む際は、democracyに限らず、加算、不可算に注意して、文脈に即して訳語を選択、決定していかねばならない。
posted by Prof.T at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英書を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11077878

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。