2005年04月28日

休憩中に考えた

 授業が終わって、帰宅途中に休憩中。
 結局、ゴールデンウィーク中に課題は出さないことをした。思い切り遊ぶ、思い切り学ぶ、メリハリつけて過ごして、また元気な顔で再会したい。

 2限の授業は、なぜか力が入り、本来予定した内容に加え、大学での勉強に必要な話題に飛んだ。ゴールデンウィークにはいるので、予定した内容も話したいということで、ややスピードをあげ、何とか予定通り終了。
 いろいろと話が飛んだ理由を考えてみたが、受講学生が真剣に聞いていたのが大きな理由のような気がする。
 教員に真剣な授業をさせるのは簡単なことだ。学生が真剣に勉強すればいいだけである。
 あとは盛りだくさんの内容を消化不良にならないよう復習すること、ゴールデンウィーク後も変わらぬ真剣な表情で授業に臨んでくれることを期待するのみ。
posted by Prof.T at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。