2005年06月20日

レポートの書き方(自分の意見、考えは書かない)

 大きなテーマが与えられた場合、テーマを絞るということを述べた。
 テーマだけがポンと与えられたら、「の問題点」、「の課題」、「の特徴」を補って考えることも述べた。
 これは小さなテーマが与えられた場合も同様である。なるべくレポートが書きやすい、限定的なテーマに設定し直そう。

 さて、レポートのテーマが設定できた。どのように書けばよいのだろうか、何を書けばよいのだろうか。

 ここでは次の原則を掲げる。
 
自分の意見、考えは書かない。

 もちろん、「自分の意見を書きなさい」とか「自分の考えも入れて書きなさい」といった具合に、意見、考えを書くことを求められているレポートは例外である。しかし、自分の意見、考えを書くことを求められていない限り、レポートにおいては自分の意見、考えを書かないことにする。

 なぜ自分の意見、考えを書かないか。
 1つは、多くの学生は、そもそもそのテーマについて考えたことはなかったり、考えていても、考えが足りなかったりするからである。
 第2に、考えてもいないのに、あるいは考えが足りないのに、考えようとするから、レポートを書くことがむやみに大変になり、難しく、また面倒くさい作業になる。
 仮に、考えていたとしても、あるいは学生は考えていると思っても、教員からすれば一方的で偏ったものであったり、稚拙であったりすることが多い。
 したがって、自分の考えは書かない。そもそもレポートだ。報告することがメインであり、意見を求められているわけではない。

 意見、考えを書かずに、何を書くか。
 書き方はいろいろ考えられるが、、この講座はカメラで言えばオート撮影をするようにレポートを書くことをめざすので、次のことを書くことにする。

(1)テーマを絞った場合は、なぜ絞ったかという理由を書く。
たいてい絞った理由は重要だと考えたからだから、その根拠を書く。その限定したテーマがなぜ重要か、どの程度重要かについて書く。

(2)テーマあるいはテーマの持つ問題点、課題の概要を書く。テーマの背景、歴史、経緯を書く。

(3)次にそのテーマ(の問題点、課題)が、どのように評価、解釈されているかを書く。
 評価されているか、解釈されているかであって、評価するか、解釈するかではない。社会でどのように議論されているか、識者がどのように議論しているか、研究者がどのような見解を表明しているかを書く。
 重要なのは、異なる、あるいは対立する2つ以上の評価、解釈を書くことである。
 ある問題が重要だとか、課題になっている、未解決だというのは、意見、評価が分かれ、解決策を巡って対立が存在するからに他ならない。
 したがって、あるテーマについて1つの見解を報告するだけでは不十分である。少なくとも異なる2つの見方を提出する。
 歴史的、思想的な問題であれば、通説とそれへの批判を書く。

 とりあえず以上のことを書けば、レポートの枚数はほぼ尽きる。

 さて、書くことは決まった。自分の意見は書かないのだから、テーマがどのように議論されているか、どのような問題として扱われているのか、調べなければいけない。そもそも教員はあるテーマについて調べさせたい、調べさせて勉強させたいので、レポートを学生に課すのである。

 こうして、あなたは図書館へ向かうことになる。
posted by Prof.T at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レポートの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4493842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。