2005年06月30日

今日の授業評価

 2限の授業の終わりに授業評価のアンケートを行った。教卓に順不同で裏返しに提出させる。全員が出し終わったところで、整理しつつ、意見欄に目を通す。途中で手が止まったアンケートは、改善要望に

 先生

とだけ書いてあった。評価はすべて1(最低)につけてある。やれやれ・・・

 2年ゼミの途中で、授業評価の話になって、上記の話になった。
 「高校生じゃないんだから」というのが彼らの感想だ。

 私がやれやれと思ったのには、もう一つ理由がある。「先生」というのは敬称であるから、改善要望欄に先生と書くのは間違っている。「教員」と書かなければならない。来週は授業がないので、この話は後期になってからかな。
posted by Prof.T at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。