2005年07月03日

すべて読めない・すべて読まない

 参考文献を権威主義的に選ぶことは述べた。
 しかし、参考文献は1冊選べばよいというわけではない。というのも、1冊でレポートのテーマすべてをカバーできるとは限らないからである。最低3冊、できれば5冊選ぼう。

 すべて読めない?

 すべて読まない!

 参考文献をすべて読もうとしたら、1冊も読み切らないうちに締切が来てしまう!

 すでに何を書けばよいか(「レポートの書き方(自分の意見、考えは書かない)」6月20日の記事参照)、検討してあるのだから、関係する部分、該当する部分だけを読んでいく。熟読ではなく、さっと目を通す感じだ。そうすると、1冊だけでは足りないことがわかってくる。それを他の参考文献で補うことになる。同じ問題が、他の文献では異なる視角で扱われ、違った評価が与えられているかもしれない、そういうところをチェックするのである。
 効率よく読むために、目次や索引を活用しよう。
 必要に応じて専門分野の事典を利用することになるが、1年、2年の場合は、こういった事典の項目を読んでも、何がなにやら・・・ということになるので、なるべく簡単に記述してある小辞典の類を見た方がよい。時事的な内容なら、『現代用語の基礎知識』、『イミダス』、『知恵蔵』などを利用する。

 参考文献を5冊も借り出すのが大変だったら、必要な箇所だけコピーしてしまおう。ただし、コピーがどの文献なのか不明にならないように、著者、書名、出版社、出版年をメモする、あるいは奥付部分をコピーしておこう。

 とにかくレポートを書くのに必要な部分だけを読むようにする。最初から読んで、途中で力尽き、とりあえず読んだところまでの内容で、適当にレポートをまとめないよう、注意すること。
posted by Prof.T at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レポートの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4805475

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。