2005年08月05日

グループブログ(2)

 学生と教員のコミュニケーションを取るためにグループブログを活用しようと思っているのだが、問題は教員だ。

 「ブログ?」、「そんなの知らない」という教員が(うちの大学の場合)ほとんどである。したがって、ブログの効果、効用から説明しなければならないからである。学生の場合は、いいか悪いかは別にして多少「権威主義」的に指導できるが、教員だとそれは無理だ。

 まずは学部長を引き込むか・・・。
 
posted by Prof.T at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。