2005年08月28日

起動せず・・・

 腰の具合、思ったより重症のようだ。とにかく安静にしておくことが一番だからと横になっていたのだが、寝返りを打つと激痛が走る。こういうときは、呼吸を止めて、思いっきり腹筋に力を入れて我慢するしかない。10秒ほど我慢すると、何とか激痛の波は去っていく。そのうち、激痛が走らないような寝返りの打ち方を覚える。

 しかし、いつまでも寝ているわけにはいかない。で、先ほど立ち上がろうとしたのだが、身体を起こそうとすると、激痛が走る。仕方がないので、あきらめて横になる。しかし、そのまま寝ているわけにはいかない。トイレに行きたいからだ。

 身体を曲げると激痛が走るから、脚に力を入れてまっすぐにしたままベッドからおりることにした。ベッドと身体が垂直に交わるようにし、少しずつ身体をベッドの外にずらしていく。脚がだんだんベッドの外に出て行く。脚を曲げると腰に激痛が走るから、とにかく腹に力を入れて、少しずつ、少しずつ、ベッドの外へ出ていく。

 脚が床に着いた。今度は腕立て伏せの要領で、身体を起こしていく。腰は曲げられない。脚をまっすぐに伸ばしたまま、曲げた腕を伸ばす。重い・・・こんなときに、自分の体重が恨めしい。もう少しダイエットしておくべきだった・・・。ここのホテルのベッドもマットが分厚く、床から60cmぐらいあるから、こんな技が使える。

 何とか腕を伸ばしたら、ベッド横のサイドテーブルに今度は手をつく。こちらの方が少し高い。さらに腕を伸ばしながら、身体を垂直に近づける。最後は、腕をサイドテーブルから突き放して、勢いをつけて、立ち上がる。腹筋に思い切り力を入れたままだ。何とか立ち上がる。なお前屈みだが、歩くことはできる。

 今日が日曜日で幸いだ。観光でもしようかと思っていたが、部屋で大人しくしていようと思う。しかし、海外で新しい記事カテゴリをつくって、こんな記事を書くことになるとは思わなかった。まさにトホホな日常である。
posted by Prof.T at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 他人の不幸は蜜の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら、逃亡先で腰・・・やっちゃったようですね。

痛そうな話なので読んでいて心配です。
やらなきゃいけない事もたくさんあるでしょうが
あまり無理せずにお大事になさって下さいね。


Posted by momo at 2005年08月29日 02:34
 momoさん、やさしいコメントありがとうございます。立っていたり、座っていたり、歩いていたりと、同じ動作を続けているときはいいのですが、座る、立ち上がると動作を開始するときに、ときどき痛みが走ります。

 さっきドラッグストアでサロメチールのような外用消炎鎮痛剤を買ってきて、早速塗ってみました。少し楽になりました。
Posted by Prof.T at 2005年08月29日 03:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6324922

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。