2005年09月12日

自分への投資

 学生に留学せよ、PCを購入せよと言うと、たいてい「金がない」という答えが返ってくる。金がなければ稼げばいい、奨学金をもらえばいい、と言うのだが、たいてい口をとがらせる。

 PCが使いこなせなければ社会人として生きていくのは難しい、留学などで付加価値を付けないと、希望する就職も困難だ。残念だが、こちらの思いはなかなか伝わらない。

 程度の差はあれ、夢や希望を持って大学に進学したはずだ。それらをかなえるためには、投資をしなければいけない。それは誰のためでもない、自分への投資だ。

 PCを使いこなすためには自前のPCが必要だ。資格試験に通るためにはやはり専門学校に通った方がいい。語学を武器にしようと思えば、会話学校に通ったり、留学した方がいい。

 夢や希望を叶えるのは学生自身だ。自分で自分に投資しなくて、一体誰が投資するのか。

 「金がない」と言うのは、自分への投資を放棄していることだと思う。それは夢や希望を放棄していることだ。

 もちろん、大学の勉強をしっかりやることも、自分への投資である。
posted by Prof.T at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
T先生

おかえりなさい!
「自分への投資」という言葉、大学の友達に使ったことがあります。その子は自分の将来の夢に向かって行動するのをためらっていて、私に相談してきたのです。
「(夢に向かって)××ということをやってみたいけれど、自由時間が無くなるし、自分の夢に向かって努力をしても夢は叶わないかもしれないし、それが本当に自分の一番やりたいことなのか、自信がない」と言われました。私は、「まずは、やってみて、『なんか違うな』と思ったらやめればいいじゃない。確かに自由時間は無くなるけれど、それは『自分への投資』と考えたら?」と言いました。
しかし何も行動せず、××ということをやるかやらないかで、まだ悩んでいるようですが…
自分に自由時間をたくさん持てる大学生の時代に何をやり、いかにして自分を高めるか、自分に付加価値をつけるか、というのは大切なことだと思います。
卒業してから、「大学で何やってたんだろう…」と思う人は、「自分への投資」ができなかった人、「自分に付加価値」がつけられなかった人なのかもしれない、と思います。

Student.K
Posted by Stud.K at 2005年09月12日 12:59
 Student.Kさん、コメントありがとうございます。

 いろいろ考えることがあるのですが、時間があるときにまた改めて記事にしたいと思います。
Posted by Prof.T at 2005年09月13日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。