2005年09月29日

昨日の昼休みの件

 昨日の昼休み、前学科長が研究室に来たことを書いた。どうも学部長に頼まれたらしい。学長が導入したい授業改善の方策をとりあえず導入し、それとバーターで学部の教学環境向上を図りたいというのが学部長の意向だから、あまり強い反対意見を言わないように、ということだった。もちろん、それは理解している。了解しましたと返事をしたところで、学部長から電話。今度は同じことを学部長から言われる。

 「君の言うことは理解できるが、学長の改革のいくつかには賛成しているので、理解してもらいたい。」

 もちろん、それは構わない。しかし、教員個々の努力ではできないことがある。いくら授業を改善せよと言っても、それだけでは授業は改善しない。授業改善のための組織的努力をするべきだ、と持論を述べる。すると、「それはいい。その考えに賛成だ。」と言う。

 「それでは、その意見を教授会で述べてくれ。」

 教授会で出た意見ということで、学長、他学部長らとの会議で伝えやすいということらしいのだが、藪蛇だったか・・・。
posted by Prof.T at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。