2005年10月04日

大学院受験の話(2)

 夜型か朝型かどちらか選択せよということになれば、朝型を選択するが、大学院受験の頃は、完全に夜型だった。

 月曜日から土曜日まで塾のアルバイトをしていたので、帰宅は10時頃。風呂なし4畳半に住んでいたので、銭湯に行き、帰りにコンビニでジュースを買ったり、夜食を買ったりしていたように記憶する。

 夜型といっても、バイトで疲れ、加えて夜食を食べて、眠気が襲い、ちょっと10分だけ休憩しようと思って、そのまま朝まで気絶していたこともしばしばだった。何とか頑張ったときは、朝刊が届いてそれを読んでから寝るのが常であった。そうすると、朝、起きてから読むものがない寂しさはあったけれど・・・。

 深夜、暗い中、静寂の中で、受験勉強を続けていた。
posted by Prof.T at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。