2005年10月09日

やる気

 書類を1つ作成しなければならないのだが、やる気がない。やる気がないといって、やらないわけにはいかない。

 うちの学生に勉強せよ、たとえば英語の勉強をせよ、というと「やる気がないからダメですよ」と答えることが多い(たとえば7月25日の「我慢も勉強」の学生)。

 しかし、やる気がなくてもやらなければいけないことは多いし、やる気があってもやらせてもらえないことも多い。

 研究に比べて、教育はやる気がないという大学教員は多いと思う。だからといって、いい加減な教育をしていいわけではない。やる気がなくても、一定水準の教育は行わなければならない。

 また、いくらやる気があっても一定水準をクリアしなければやらせてもらえないことは、うちの学生だって部活その他で経験しているはずだ。

 やる気がなければやらなくていいというのは間違いであり、同様にやる気さえあれば何でもできると思うのも間違いだ。

 やる気なんてものに関係なく、やらなければいけないことは、やらなければいけないのである。
posted by Prof.T at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7900195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。