2005年10月13日

昨日の訪問者(1)

 9月30日の記事(「学生からメール」)で、教職志望の学生が私の科目を落とし、メールで泣きついてきたという話を書いた。

 昨日の昼休み、その学生が研究室を訪れてきた。メールであろうと、直接会おうと、返答は同じだ。規則に従って処理する。ある学生に対してだけ、特別な措置はとれない。

 再試験を受けるように言うが、教職科目は卒業に必要な単位ではないから、卒業再試験の対象からはずれるらしい。そうであるならば、なおさら単位を取れるよう頑張る必要があったはずだ。そもそも教員志望ならなおさらだ。

 粘ることが多い女子学生と違って、男子学生は淡泊で、以上のようなやりとりが終わるには、3分もかからなかった。目が潤んでいるような気がしたが、教員免許が取れないわけではない。卒業後、私の科目だけ履修すればいいのだ。そういう制度はあるし、そうした学生もいた。私の顔を見るのが嫌であれば、他大学で当該科目だけ履修することもできるのではないだろうか。どこで履修しようと、勉強しなければ単位は取れないが・・・。
posted by Prof.T at 04:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私は、現在この学生と似たような状況に陥っており、非常に精神的に参っている大学4年の学生です。
前期に単位が取得できなかった1コマのために、このままでは教職免許が取得できない状況になっています。何より辛いのは、本年度の教員採用試験(高校数学)に合格しており、このまま教職免許が取れないとそれが水の泡になってしまうからです。水の泡になるだけで済むならばまだよいのですが、結局来年度もまた同じ採用試験を受け直すことになるわけで、その時に今年度のことが不利にならないとは言い切れないわけです。ですので、記事にあるように、来年度履修すればいいから、ということで引き下がるわけにはいけない状況にあるのです。
もし、Prof.Tさんなら、学生から上記のようなメールもしくは訪問があったときに、どのような対応をなされますか?情を入れるわけにはいかないからと、きっぱりと断りますか?
私は、倍率20倍近くの採用試験に合格し、そこで面接倍率4倍の関門も通過しているので、教員としての素質について積極的な評価を頂いていると思っています。そして、自分自身、教育にかける情熱や使命感を持っていると自覚しているし、来年度から教員として働く心構えもできています。早く教員として社会貢献をしたいと考えています。それを、1科目の単位で無に帰すことは妥当だと考えますか?
さらに、私は工学部に所属しており、明らかに教職には不利な環境で生きてきました。この学部は、学生に教職を取ってもらいたくないのではないか?と思うくらいに、ほとんどサポートも情報もありません。それでもコツコツと単位を積み重ねていったところで、最後に思わぬ落とし穴にハマってしまったわけです。このような状況を勘案した上でも、やはりルールはルールだから、もしくは他の学生と差別するわけにはいかない、ということになるでしょうか。
私は、基本的に単位に関して情を入れるべきではないとは思うのですが、特別な場合に関してはある程度の調整も必要ではないか、と考えています。私のような状況の場合、その1つの単位が教員採用に直結するので、単位の認定が、実質的には「教員としての認定」になっているわけです。私としては、その点を無視していただきたくないのです。学生1人の来年以降の人生が、この単位いかんで大きく左右されるのです。
長い書き込み申し訳ありません。人生を左右する一大事に直面しているので、ついつい熱くなってしまいました。現在、記事にあったような交渉(なんらかの救済措置)をしているところです。それでは失礼します。
Posted by toddy at 2005年11月06日 05:50
 toddyさん、コメントありがとうございます。

 大変な状況のようですね。私に対して、いくつか質問が書いてありますが、詳細な状況や制度がわかりませんので、どうにも返事のしようがありません。良い方向で解決されるよう、祈っております。
Posted by Prof.T at 2005年11月06日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8056116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。