2005年10月29日

思考拒否から思考停止へ

 昨夕は思考拒否状態だった頭も、夜が更けるにつれ拒否反応が薄れていった。ところが別の問題が発生した。思考が停止したのだ。気がついたら、横になっていた自分がいた。思考が回復したら、明るくなっていた。

 もっとも思考停止というのは正確ではない。夢の中で科研費の書類を書いていたのだ。こう書けばいい、そういうアイデアが浮かんでいた。問題はそれがどういうアイデアなのか、覚えていない、思い出せないことである。ということは、まだ思考は回復状態にないということか?
posted by Prof.T at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8715916

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。