2005年11月13日

人事、決着

 専任教授会終了後、学部長に採用候補者に電話してもらった。

 学部長が「決まりました。よろしくお願いします」と伝えたところ、ニコニコしていた学部長の顔が一瞬引きつり、黙る。その後、また、にこやかな表情に戻り、「よろしくお願いします」ということで電話を切った。

 実はその日、2次面接に残っている別の大学から、面接に来られるかどうか、確認の電話があったのだという。この話を聞いて、学部長の顔が引きつったのだった。しかし、別の大学(うち)で、最終決定の教授会があるので、その結果を待ってから面接に行くかどうかの返事をしたい、電話をもらったので、今から別の大学には断りの電話をするつもりだということだった。ここで、学部長がにこやかな表情に戻ったのだった。

 とにかく4月から二転三転、紆余曲折あった人事もこうして決着を見たのである。理事会の決定を待って、彼と学部長、学科長らと一緒に、来年度の担当科目の打ち合わせを行ったのが、11月11日だった。
posted by Prof.T at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9286548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。