2005年11月20日

家庭教師の報酬

 昔よく行った居酒屋が安かった話を書いた。金曜日のコンパも3000円しか請求されなくて、それでいて飲み放題だからかなり安い。料理も飲み物も値段相応のものとはいえ、まだまだデフレの影響は残っているのだろうか。

 デフレといえば、家庭教師の報酬もかなりデフレ気味のようだ。以前、院生と話をしていたら、彼がやっている家庭教師の報酬は時給1600円だという。テレビでCMをたくさん流している家庭教師センターの紹介だというが、安すいなあ。

 私が学部生の頃、最初に教えはじめた小さな町塾の講師の時給が1500円だった。その後、家庭教師のアルバイトもやった。こちらの時給はよく覚えていないのだが、塾講師の時給よりは良かったから、時給2000〜3000円ぐらいはもらっていたと思う。

 大学院まで進んでいるのだから、それに見合った報酬をくれるアルバイトをするべきだと思う。あまり安く自分を売るべきではない。それに勉強が第一だ。アルバイトを余儀なくされることはわかるが、それならば効率よく稼いで勉強に時間を割くべきだ。

 
posted by Prof.T at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9558689

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。