2005年11月27日

電話かメールか?

 金曜日、食事会が始まる前に、何人かの同僚と、電話か、メールかで議論になった。年配の同僚曰く、「最近の若い奴らはメールばかりで失礼だ」。それに対して、若手教員が、「いやいや電話の方が相手の仕事を邪魔するから失礼です」と応じる。「直接、話さないのは失礼だ」と言えば、「不在だと何度もかけ直さなければいけない」とやり返す。

 私は断然メール派だ。メールで済むことはメールで済ませたい。気が置けない友人ならともかく、そうでない方々に電話するのは苦手だ。第一、何時にかけたらよいのかわからない。10時までは平気だと思うが、9時までだという人もいるだろう。中には早寝をする人もいるが、だからといって、そういう人に早朝電話していいというものではない。ということで、たいていはメールを送ることにするのだが、問題はメールを使用していない人だ。この場合はどうしたって電話ということになる。

 実はある用件で師匠に電話しなければいけなくなった。師匠への電話というのは、私の場合、一番緊張する電話だ。緊張する。先ほど、かけてみたのだが、どうも留守のようだ。さて、次は何時にかけようか。たかが電話なのに、とても疲れる。もちろん師匠はメールなど使っていない人である。携帯も持っていない。携帯であれば、もう少し気楽に電話できるかもしれない。
posted by Prof.T at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9872605

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。