2005年11月27日

師匠に電話

 師匠(大学院の指導教授)にいつ電話しようか、大相撲の時間(師匠は相撲好き)は避けて、夕食時も避けて、大河ドラマも(おそらく見ないだろうが)避けて、とすると8時50分頃がいいかと思っていたが、気がついたら9時を回っていた・・・。あまり遅くなってもまずいので、電話。

 用件は2分ほどであっけなく済んだのだが、緊張した・・・。ゼミ生が報告のときに手が震える(10月5日「3年ゼミ」)のも仕方がないことなのかもしれない。

 直接会って話すのはそれほど緊張しないのだが、どういうわけか電話は緊張する。

 はあ〜、疲れた。
posted by Prof.T at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。