2005年11月28日

年賀状

 昨日、外に出たついでに年賀状の印刷を依頼。いつもは12月も20日を過ぎて、慌てて印刷を頼むことが多いのだが、今年は11月中に注文すると15%オフになるというダイレクトメールを忘れずにとっておいた。もっともすっかり放って置いて、11月も終わりそうな昨日、ようやく注文を出した次第。

 他の人はもっと多いのだろうが、私はここ数年150枚を依頼。出しても返事をくれぬ人はカットしていくし、e-mailの人もちらほらいるので、数字は横ばい状態。本当はゼロにしたいのだが、そうもいかない。お世話になった先生方からもらう以上、こちらも出さないわけにはいかない。

 以前は注文に出さず、自分でプリンタで本文を印刷したりもしたが、レーザープリンタで片面印刷するとはがきが反ってしまい、宛名の方の印刷に相当難儀した。それで、2、3年前から印刷に出し、宛名をプリンタで印刷することにした。とくに親しい友人やお世話になった先生方のみ、本文に一言添えている。この字がまた稚拙で、何とも憂鬱になってきて、虚礼廃止!とますます叫びたくなるのである。
posted by Prof.T at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。