2005年11月29日

師匠と年賀状2

 師匠と年賀状ということではもう1つ驚いたことがあった。ある年の大学院の追いコンの時のことだ。同期の1人が何の連絡もなく欠席した。どうしてるのかと話題になったときに、師匠がぽつり「年賀状も来なかったなあ」と一言漏らした。一同びっくり!まさか指導している学生の誰が年賀状を出し、誰が出していないか、覚えているとは思わなかったからだ。驚いて、そして、「出していて良かったよ」と、あとでみなで話したのだった。
posted by Prof.T at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。