2005年12月18日

漢字が書けない・・・

 ある大学で、卒論を手書きで提出させる理由の1つに、漢字を覚えさせるということがあったことを書いた。「ワープロを使用しているから、漢字が書けない、それでは企業に入ってから困る」ということだ。

 「いいんだよ、どのみち企業に入ってからもワープロを使用するんだから」とは、仲間のある研究者の発言。確かに!

 企業に入ってからというよりも、企業に入るとき(就職活動、就職試験)に困るというのが正しいのだろうが、そうすると卒論を手書きで書かせる意味はない。卒論執筆時にはほとんどの学生が就職を決めているはずだからだ。とするならば、やっぱり苦行でしかない・・・。
posted by Prof.T at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100枚、30本

 私は学部運営の仕事に追われているが、教育に追われている教員もいる。研究会後に話していたら、研究会のあるメンバーは、2月まで卒論指導に追われるらしい。

 その研究者の学科では卒業論文を全員提出しなければならない。枚数は原稿用紙で100枚(本文のみ)という。この卒論を主査として10本、副査として20本、合計30本、読んで、審査に当たるという。これでは確かに卒論指導以外のことは何もできない。

 上で原稿用紙100枚と書いた。原稿用紙換算100枚ではない。原稿用紙で提出させる、原稿用紙に手書きさせるのである。いやはや、これは大変だ。今時、何とも珍しい。

 一度ワープロ提出を認めたことがあったらしいのだが、設定の問題でトラブルがあったりして、結局全員手書きで提出することに戻したらしい。漢字をしっかり覚えて社会に出させる、という意図もあるらしいのだが、漢字の練習は他でやればいいとも思う。

 だいたい手書きと言っても、1人で100枚も清書するのは大変だから、誰かに手伝ってもらうことになる。ある章から字体が変わることも当然ある。

 そもそも学生のほとんどはワープロで卒論を作成する。それを最後に手書きで清書する。何だ苦行のような話である。
posted by Prof.T at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護者向け説明会

 同僚からメールが来た。来年度の入学式で、新入生に同伴してきた保護者にたいして、学部の教学方針その他の説明会を行おうという提案だ。保護者にたいする学部、大学のPRにもなるし、いい提案だと思う。

 ただし、同僚の提案には問題点が1つあって、これは承服しがたい。

続きを読む
posted by Prof.T at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

半期制と通年制

 12月も中旬となり、後期の授業も残りわずか。

 1限の導入科目の授業は、ある文献の抜粋を読ませ、それに対してコメントを書かせる作業をやらせる。早い話が文章を書く練習。

 その作業をさせながら、以前授業中にやってもらった要約、レポートなどの課題を1人ずつ呼び、返却。課題には簡単にコメントを付してあるが、その場でさらに説明を加える。1人ずつに説明するのは面倒だが、こうすることによって学生との距離が縮まる(ような気がする)。

 今の学生、とりわけうちの学生は、教員と距離を置きたがるので、上のようなやりとりは必須のような気がする。早い段階で、学生と教員との距離を縮めておく方が、授業効果(と授業評価)が高くなるように思う。

 うちは半期完結の授業が基本だから、この導入科目も後期だけ。半期制のメリットはさまざまあるが、当然のことながらデメリットもある。その1つが教員と学生との距離がなかなか縮まらないうちに授業が終わってしまうことだ。

 通年制の科目だと、前期が終わる頃うち解けてきて、夏休み明けには「夏休みはどうだった」などと会話を交わすことができる。非常勤先でもこうして親しくなった学生が何人もいる。授業後にお昼やコーヒーを一緒にしたり、コンパを開いたこともあった。最近はこういうことがほとんどない。もちろん、こちらが年を取り、学生との年齢差が大きくなったこと、こちらが忙しくなって学生に声をかけなくなったことも関係するのだろうが、半期制という制度も関係しているのではないかとも思う。
posted by Prof.T at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

セメスター制とクォーター制

 うちの大学はセメスター制を取っているのだが、中途半端なもので、科目登録は年度初めに1回だけ、つまり後期分の科目登録も4月に行っている。各科目の授業は各セメスターで週1回だから、要するに通年4単位の科目を単に半分にしただけである。

 大学によっては、月・木、火・金と1週間に2回授業を行って、各セメスターで4単位を与えているところもある。専任教員の場合は問題ないのだが、非常勤の場合は週2回も出講できないから、週1回の授業を連続2コマ行って、4単位を与えることになる。実は、こういったセメスター制を取っている大学で非常勤をしたことがあるのだが、連続2コマの授業は大変だった。2回分の準備も大変だが、連続2コマの授業も疲れる。週1回ならば、前回の復習といったことを授業の導入で行えるが、休憩後の2コマ目の授業ではそれができない。教員も学生も、何とも疲れた表情で授業を始めなければならないのが、嫌だった。

 個人的にはクォーター制にして、年間どこか1つのクォーターは講義を持たずに、研究期間に当てることができるようになればいいと思うのだが、非常勤講師に頼っている現状を考えると、実現は難しい。そもそもクォーター制って何?という教員もいそうだ。
posted by Prof.T at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

昼休みをなくしたら・・・

 来年度のコマ数が確定したことを書いたが、時間割は決まっていない。希望する時限に希望する教室がとれるかどうかわからないからだ。

 どこの大学でもたいていそうだと思うが、うちの大学の場合、カリキュラム改革で科目数が増えているのに、それに対応する形で教室が増えていないので、教室が足りなくて困っている。昔ながらの大教室が多くて、中教室が足りない。私はAVの設備を整えた中教室を希望しているのだが、これがなかなかとれない。

 教室を増設すればいいのだが、それができないのだったら、昼休みをなくせばいい。5時限制でやっているところを6時限制にすれば、教室不足はかなりの程度、解消できると思う。

 昼休みをなくすことにたいする批判はあるかもしれないが、給食ではないのだから、みんな一斉に同じ時間にお昼を食べる必要もないだろう。一斉に食事を取ることがなくなるから、学食等の混雑も避けられる。お昼を取ることができなくなるという不満が出るかもしれないが、休み時間を10分から15分にして、サンドイッチなどをつまめるようにすればいい。そもそもみながみな連続して授業を入れることもないだろう。正午前後の時限を、教員も学生も各自勝手に昼休みに設定して、授業を入れなければいいのだ。欧米の大学は昼休みを設定していないと聞く。実際、私が知っているいくつかの大学にも昼休みはない。

 ということで、昼休み廃止を提案するのだが、実現しそうにはないかな・・・。
posted by Prof.T at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマ数確定

 来年度のコマ数が確定した。

 火曜日(非常勤)前期2コマ、後期3コマ
 水曜日(本務校)4コマ
 木曜日(本務校)3コマ

 金曜日が会議日で、土、日、月の3連休体制は今年度と同じ。6月18日のクロアチア戦の「弾丸ツアー」に参加可能だ・・・。
posted by Prof.T at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

導入科目のレポートについて

 今日の1限は導入科目。この授業では普段レポート作成等の課題を課しているので、試験は行わない。来週の最後の授業に課題レポートを提出して終わり。学科のいくつかの科目に関連した新書を何冊か指定し、そのうちの1冊についてレポートを作成する課題をすでに先々週に出している。こういうレポートは過去に何回も課しているが、最近はインターネット上の書評などをコピペしただけのものを提出する学生がいる。そういうことがなるべく起こらないように、書評がまだそれほど出ていないと思われる9月以降に出版されたものから選んでみたのだが、果たしてどうなることだろう・・・。
posted by Prof.T at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチゴとおでんとゼミ論文

 もうすぐ『朝いち430』の時間。今日は最初から最後までフルに見られそう(といってもたいてい「ながら」視聴だが)。

 昨日のあるコーナーで中田有紀さんと山本舞衣子アナウンサーが変わったおでんを紹介していた。静岡のあるおでん屋さんのおでんだ。静岡のおでんは、それ自体変わっていて、まずおでんのつゆが非常に濃い。黒に近い。それから具材が竹串に刺さっている。したがって、箸を使って食べる必要がない。加えて、だし粉や青のりをかける。

 昨日紹介されていたおでんはさらに変わっていて、なんとイチゴやりんごがおでんの具材に使われているのだ!イチゴは白はんぺん(静岡ではんぺんというと通常黒はんぺんのことを言う。)にくるまれて、つゆに浸かっている。白はんぺんに包まれたお友達には、納豆やチョコレートもいるようだ。

 昨日の『朝いち430』では中田有紀さんがそのイチゴのおでんを試食をしていた。食べて一言、「おいしいですね」とニッコリしていたが、目は笑っていなかったように見えたが気のせいだろうか?

 それでもイチゴおでんは商品として存在しているようで、そこそこ売れるのだろう。イチゴをおでんにするという発想はなかなか生まれない。「あり得ない!」と普通は思うのだろうが、それで終わっては何も生まれない。「あり得ない!」と普通は思うが、「ひょっとしたらあるかもしれない」と思ってチャレンジすることが必要だろう。

 あるいは逆に「普通、そうだろう」、「当然だろう」と思っていることに疑問を持ち、何で「これが普通なのか?」、「本当は違うんじゃないだろうか?」と思うことも大切だ。とくにゼミ論などを書くときには、こういう姿勢を持っていると、テーマ探しも容易になる(かもしれない)。
posted by Prof.T at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

学生からメール

 3年ゼミの学生からメールが届いた。
 「カゼひいたんでやすみます!」

 以下のように返信した。
 「 お大事に。休むのが何となくうれしそうな感じがするのですが、気のせいでしょうか?」
posted by Prof.T at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睨まれた・・・

 大学院の授業も残りわずか。昨日の授業の最後に、今後の予定についてちょっと話をした。

 「えっと〜、最後にちょっと試験でもやってみようかなぁ」と言うやいなや、冷たい視線を浴びる・・・。

 「ほら、1回に10-20ページ読んできてくれるのはいいけれど、しっかり訳す練習もした方がいいと思ってね。読んだところから、適当にいくつか段落を選んで、訳してもらおうかと・・・」と、説明していくと、視線はどんどん厳しくなる。

 「その、みんなどのくらいきちんと訳せるかな・・・」と、だんだんしどろもどろに・・・。

 奥の方の学生、とくに女子学生の恨むような視線が痛い・・・。

 「その、ちょっと考えてみただけなんだけどね・・・」と、声が小さくなる。

 結局、修士論文提出直前で忙しいということで、試験はなしということになった・・・。
posted by Prof.T at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

伸びる学生・伸びない学生

 大学のホームページや案内に掲載するゼミ紹介やコンパなどの原稿を3年ゼミの学生2人に書かせた。両名とも4月にゼミに入ってきたときは、典型的な「中の中」の学生(7月28、29、31日)で、「勉強、大丈夫かな?」と心配になった学生だ。

 あれから半年以上が過ぎ、3年ゼミの授業も残り少なくなってきている今、この2人には、勉強面ではっきりと差が出てきている。1人は4月と同じ状態。発表はいつもしどろもどろ、こちらが質問をすると、黙ってしまう。原稿も直しが必要だ。もう1人は秋頃からからしっかりした発表をしてくるようになった。こちらが質問すると、当初は「次までに調べてきます」という返答だったが、今はしっかりと答えることができる。聞いている学生にも「おもしろくなりそうじゃん」と評判がいい。原稿も変換ミスが1つあっただけで、文章はしっかりしている。

 何が2人の差を生んでいるのかは、よくわからない。しかし、例年、この時期になると、急速に力をつけて伸びてくる学生とずっと低空飛行のままの学生との差が出てくる。前者に自信をつけさせ一層伸ばすこと、後者を何とかして上昇気流に乗せること、これが指導教員に求められる。前者はうまくいくことが多いが、後者は難しい。
posted by Prof.T at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

授業を終えて・・・

 授業を終えて、大学近くのカフェでコーヒーを飲んでいるところ。

 先週休みで、気が緩んだのか、3年ゼミの報告は惨憺たるもの。問題意識が欠如。いや、そもそも大学3年生にそんなものはないのだという批判はあるかもしれないが、そうだとしてもあるように見せることも必要だ。第一、聞いてる方がおもしろくない。

 4年ゼミはもっと悲惨。無断欠席が2名。彼らはゼミ論は書けるのだろうか、書いてくれるのだろうか・・・。1名はメールで連絡してきたが、再再履修の第2外国語を落としたために留年確定を担当教員(同僚)に宣告されたショックというのが欠席理由。同僚は気を遣ってくれて、実は昼に電話をくれた。学生が私のゼミ生だということを知っているからで、「何とかしましょうか?」と言ってくれた。しかし、教科書も買わず、出席もしていない学生に単位をあげることはない。この学生には去年からしっかり授業に出るように、何度も注意してきたのだ。この学生は留年させるのが正しい措置だ。この判断は間違ってはいない。しかし愉快ではない。
posted by Prof.T at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

導入科目で・・・

 1限の導入科目は、英語の専門書を読む練習をした。それほど難しくない英書を1ページ弱抜き出して、それを読ませて、訳させる。

 以前書いた(10月7日「昨日の1限で・・・」)ように、この導入科目は本来は前期に履修していなければいけない科目で、後期に履修している学生の学力は前期履修者よりも低い。実際に訳させているところを見回っていくと、やはり前期の学生よりも英語が読めていない。

 加えて興味深いことがあった。英和辞典を持参させているのだが、前期履修者はほとんどが電子辞書を持ってきていた。後期履修者は電子辞書利用者は数えるほど。ほとんどが紙の辞書だ。電子辞書を買えばいいというものではないが、勉強に対する姿勢の違いが見て取れる。それらは学習英和で、高校に入ったときに買ったもののようで、それがまたほとんど汚れていない。なるほど英語ができないはずである・・・。
posted by Prof.T at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

カリキュラム改革

 うちの学部では、現行のカリキュラムを見直し、再来年度から新しいカリキュラムを導入する予定でいる。カリキュラムを検討する委員会が発足し、12月から議論をしていく。

 少人数教育を充実させていくということで、ゼミの増設などを予定しているのだが、現状では教室が足りないようだ。カリキュラム改革と同時に教室増設も検討しなければならないはずだが、その動きはまだないと聞く。教室不足でカリキュラム改革が頓挫するなどということがないようにしなければいけない。
posted by Prof.T at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

第2外国語

 先週、大学院の授業を終えて学生とお茶を飲みながら話をしたときに、その研究科では博士課程の試験で第2外国語を課さくなったことを知った。

 彼らの話によれば、「優秀な学生が第2外国語ではねられるから」ということらしいのだが、第2外国語の試験で落ちる学生が本当に優秀なのだろうか?

 確かに英語さえできれば問題はないのだろうが、むしろ英語はできて当たり前で、学問の世界においては外国語として扱うのがおかしいくらいだ(とはいえ、入学試験は必要だと思うが)。英語とは別に、外国語の試験をきちんと課すべきだと思う。

 英語以外の語学を学ぶことによって、英米とは違う思想、文化、歴史を学ぶのだ。博士課程の学生にとって、受験勉強で触れるだけであっても、それらは決して無駄ではないと考える。
 
posted by Prof.T at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英語の先生ですか?」

 今日の学部の授業。ちょっと早めに行くと、先日、「大学院に行こうかと思っています」と言っていた学生がいたので、「こんなのを読んでいるんだよ。」と大学院で使っている英語のテキストを見せた。

 授業終了後、テキストを返してもらったときに彼が発したのが、「英語の先生ですか?」。そんなことはない!

 自分の大学の導入科目でも半期のうち1コマだけ英書の読み方について話をしているのだが、構文の取り方などを話していると、授業後、「英語の先生になれますね」とか、「英語もできるんですね」などと話しかけられる。

 学部学生の多くは、英語が読めるのは英語の先生だけと思っているようだ。裏返せば、英語教師志望ではない彼らは英語が読めないと言っているわけだが、研究者は英語が読めて当たり前なのだ。まあ、例外もあるのだが・・。
posted by Prof.T at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

「脅迫」

 年度末になると、「就職が決まっているので、単位をください」と泣きついてくる学生がいる。私は、こういう行為を「脅迫」だと思っている。

 私の科目の単位と就職だったら就職の方が重要だと私も思う。ほとんどの学生にとって、半期2単位、通年4単位の私の科目を取ろうが、落とそうが、学生の人生にさして影響はないと思う。一方で、就職は一生の問題だ。だからこそ就職を盾に単位を要求するのは、卑怯、卑劣な行為だ。

 何人かに「脅迫」されたので、今では学期の始めや試験の告知をするときに、前もって「脅迫」しないように注意している。そのせいか、「脅迫」行為は、最近はない。

 ちなみに学部時代の友人で、サークル活動に一生懸命になってしまって留年してしまった男がいる。当然、一流企業への就職も棒に振ったが、1年後、別の一流企業に無事就職した。今ではアメリカの支社に勤務している。「脅迫」してくる学生には、彼のことを話すことにしている。
posted by Prof.T at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

4年ゼミ

 勉強気分が盛り上がっている3年ゼミに比べ、4年ゼミは・・・。

 報告も気の抜けたサイダーのようで、質問も出ない。時期が時期だけに、こちらも突っ込めない。とにかく書いて、まとめて、全員提出する。全員のゼミ論をまとめて製本し、各自「青春の証」として所有する。1冊を研究室に寄贈して欲しい。これだけを切に望んでいる。

 卒業まであとわずか。毎年最後はゼミ論を提出せず、音信不通の学生が出てくることになる。楽しいゼミ旅行までしたのだ、最後まで、また卒業してからも、楽しくつき合いたい。ということで、今年は全員ゼミ論を完成させて卒業してくれ!

 と思っているのだが、男子学生の1人はゼミ論を途中にして来週は彼女とハワイ旅行でゼミ旅行を休むとのこと・・・。何たることか!

 まあ、そんな学生にお土産を忘れないようにと指導している教員も教員なのだが、勝手に旅行に申し込んでしまっている以上、そのくらいしか抵抗できない・・・。
posted by Prof.T at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の3年ゼミ

 4限の3限ゼミ。事務作業のために少々遅れて教室に行ったら、すでに英語の小テストを行っていた。感心、感心。もっとも英単語、例文をきちんと覚えてきた学生は皆無。この点は全く感心できない。それでも、英語を中心に1週間が回っているようで、今まで勉強にあまり時間を費やすことのなかった彼らにしてみればかなり大変なようだ(大学生なのに不思議なことだが・・・)。1人の学生はサークルの集まりの時でも暇があれば単語を覚えているようで、後輩に「何をしているのですか?」と聞かれたとか・・・。

 英語の暗記は今ひとつだが、それでもみな勉強する気になっているのはいい。ゼミ論の発表でもほぼ全員から質問が出る。ゼミで質問が出ると、従来なら返答につまって、「次回までに調べてきます」ということでうやむやになることが多かったが、きちんと質疑応答になっている。今日、報告した学生には、こちらがいろいろ細かい注文をつけているが、それに応えようとする。他の学生にもいい刺激になっているようだ。この姿勢をずっと保っていって欲しい。また、そうさせねばならない。
posted by Prof.T at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。