2005年12月25日

social scienceとsocial sciences

 冬休み入りして時間ができたので、学期中に書けなかった英書の読み方について、思いつくままに書いていく。

 もっとも英書といっても専門は社会科学なので、理系や人文系の学生には役に立たないことが多いと思う。主に社会科学系の学部生を念頭に書いていく。

 そこでクイズ。社会科学の英訳だが、social science(単数形)、social sciences(複数形)のどちらが適切なのだろうか?あるいは単数形と複数形とで何か意味が異なるのだろうか?
posted by Prof.T at 04:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 英書を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

同僚から電話・・・

 年末をドメスティックに過ごすことに決めたら、同僚から電話がかかってきた。学部長や長老会議(10月31日「長老会議」)のメンバーとの私的な会議をやるという連絡だった。別に誘ってくれなくてもいいのだが・・・。

 大学院の改組、学部のカリキュラム改革等、課題は山積している。学部内には「抵抗勢力」も存在する。現状分析と将来展望について話し合うのが、この会議のテーマだが、面倒だ・・・。

 この際、思い切って好き放題言ってしまおうかと思うが、そうなるとこちらにかなりの仕事が回ってくる。

 ああ、海外逃亡すべきだった・・・。
posted by Prof.T at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外逃亡・・・

 毎年、この時期は海外に逃亡していた。海外逃亡が私にとっての骨休めだ。去年はパリ、一昨年はバンコク、それ以前にはサンフランシスコ、ローマ、シンガポールなどに出かけていた。

 今年も海外逃亡を図ろうとしたが、授業終了のタイミングが悪く(22日に授業が終了、翌日から連休)、安い航空券を見つけられなかった。いろいろ手を尽くせば、見つけられたかもしれないが、その余裕もなかった。燃油サーチャージもかかるし、今年はドメスティックに生きることにしよう・・・。続きを読む
posted by Prof.T at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬休みの計画

 一昨日、授業が終わり、昨日はW-ZERO3をいじっていたら、ほとんど1日が終わった。もうちょっと手を入れたいが、そればかりに関わってもいられない。

 今日はこの冬休みを同有効に過ごすか、ゆっくり考えることにする。研究もしなければならないのだが、この冬休みは身体を休めることともう1つ以前からやりたいと思っていてできないで勉強に集中したい。集中的に勉強して、しっかりものにしたいのだ。

 家にいると結局ごろごろしてしまうから、外でお茶しながら考えることにする。続きを読む
posted by Prof.T at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリー・クルシミマス

 一見華やかな芸能人も寂しくクリスマスを過ごすようだ。一部の大学教員とて同様だ。

 数年前、後輩2人(どちらも男である)とイブを過ごしたことがある。某ホテルのロビーで待ち合わせして飲みに行くことにしたのだが、待ち合わせ場所のホテルに着いたそうそう、後輩の1人に怒られた。

 スーツ姿の後輩は、「ダメじゃないですか、そんなカジュアルな格好で来て!」と文句を言うのである。

 われわれはイブを男3人で寂しく、わびしく、悲しく過ごしているのではない、仕事で仕方なく男だけで過ごしているのである、そのように(スーツ姿で)装うべきである、というのが彼の主張であったが、この主張自体、寂しく、わびしく、悲しい・・・。

 昨年、この3人はクリスマスをパリで過ごした。もっとも1人はすでに結婚していて、奥さんとのパリ旅行で、全くの別行動だった。残されたのはスーツ姿の後輩と私で、われわれはパリで落ち合って(往復の飛行機は別)パリ市内やヴェルサイユの観光をしたのだった。

 さすがにパリでは後輩もスーツ姿ではなかったが、日本にいようとパリにいようと、男2人で過ごすクリスマスは寂しく、わびしく、悲しいことに変わりない。
続きを読む
posted by Prof.T at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眞鍋に苦言

 眞鍋の最新エントリ「ヒローコンパイ」に以下のような記述があった。
 あのベストセラーを生み出したブログ「生協の白石さん」が、

過去に


「仙豆がほしい」


という生徒の質問に答えているではないですか!!

 眞鍋も国立大学の学生だったのだから、学生と生徒の違い(5月15日「児童と生徒と学生)は認識しておいて欲しい。影響力の大きい眞鍋だけに、あえて苦言を呈する。

 自由に時間割をつくり、余分に単位を取ったり、登録していない授業に出たりする自由や、週休3日制にしたために1日5コマも試験を受けるハメになったり、授業をさぼって単位を落としたり、はたまた留年したりする責任を取らねばならぬことも、生徒ではなく、学生だから起こることである。

 自由と自治、それに伴う責任を引き受ける、それが学生である。

 
posted by Prof.T at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじさんの基準6

 メリー・クリスマス?

 何がメリー・クリスマスだぁ!こっちはメリー・クルシミマスだ!!
posted by Prof.T at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

喫茶券

 1000円しか持っていなかったので、夕食はカード払いができるところでと思っていた。食べていくか、何か買っていくか、どうしようかと思いながら、駅近くのデパートの中へ入った。そこで某クレジットカードのキャンペーンデスクを発見。この会社のクレジットカードを使ってデパートで買い物をすると、デパート内の喫茶店で有効の500円の喫茶券がもらえるという。それならばということで、近くの食品売り場で1260円(税込み)の弁当を買い、喫茶券をゲット。ときどき立ち寄るデパート内の喫茶店で、アイスコーヒーフロート(税込み525円)を飲んで帰宅。喫茶券に25円足して、デパートのポイントカードのポイントもしっかりもらって、先ほど帰宅。

 
posted by Prof.T at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財布にいくら入っていますか?

 ようやく外出し、とあるカフェでアイスカフェオレを注文したのだが、財布を開けて、びっくり。1000円札1枚しか入っていない!アイスカフェオレは問題なく注文できたが、買い物はクレジットカード(財布には4枚入っている)だな。

 もっとも私は普段財布に現金をそれほど入れない。飲み会等が予定(予想)されるときは、会費や2次会、3次会の費用や場合によってはタクシーで帰ることを考えて、それなりの金額を財布に入れておく(歯医者の時も一応多めに入れておく)が、そうでないときは1000円札を5枚が基本。普段は福沢にお目にかかることはない。どのみちかの大学のOBではないし・・・。

 よく一緒に飲みに行く同僚は、「えっ、5000円!?」と驚いていた。彼は「最低3万円は入っていないと不安」とのこと。そんなに入れていたらついつい使ってしまうだろう。事実、彼は週に3度は学生、同僚などと飲みに行っている。

 うちの大学の教員は現金主義が多いようで、カード払いができる店で飲んでも現金で払っている。私はカード払いが基本だから、さくら水産でも、ランチを除いて、カードで払っている。
posted by Prof.T at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもちゃ・・・

 天気がいいので外に出ようと思っていたが、出かける前にW-ZERO3にいくつかソフトをインストールしようとして、つまずいた・・・。

 いくつかのソフトをインストールしたり、アンインストールしたり、リセットしたりで、こんな時間。とりあえずW-ZERO3は家に置いて出かけることにする。

 W-ZERO3を大人のおもちゃ(12月15日)と書いたが、おもちゃで遊んでいるのか、おもちゃに遊ばれているのか・・・。
posted by Prof.T at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。